語学・言語学

タンタンタンゴの5分間英文法

元米国駐在現役ビジネスマンが
時間に追われる受験生/社会人にお届けします。
たった5分の英文法。


全て表示する >

今日の5分-赤い車 Vol. 017

2010/03/10

こんにちは、タンタンタンゴです。

(前回の続き)

今、仕事は何処で? という話になり、彼は塾の講師で
何カ所かを掛け持ちとの事。

私は、○○町の方なので、〜線に乗ってそれから
乗り換えて。。。

『えっ !!』 そこで反応したのが彼の奥さんでした。
『私もそのあたりで仕事してます。』

なんと私の会社が入っているビルと同じビルでした。
また、偶然が重なってます。

『XXX ビルの何階ですか?』 と奥さん。
『3階です。』と私。

『もしかして、株式会社○○○ですか?』
『そうですよ。』

『えっ!! 私 その会社に出入りしてますよ。
同じビルの5階の税理士事務所△△△です。』

今度は私がびっくり、そこは私が勤めていた会社の
顧問税理士の事務所だったのです。

奥さんはそこで、事務の仕事をしていました。
ここまで来るとやや鳥肌もんでした。

鳥肌は英語で、goose skinと言います。
鳥肌が立つは get を使い、
get goose skinとなります。

それでは、今日も5分間おつきあいください。

■今日の5分

『赤い車』

”赤い車”は red+car = a red car です。

では、”赤い小さな車”は red+small+car ですが、
 a red small carとはなりません。

これは、a small red car となります。

英語では、習慣的に名詞につく形容詞の意味で順番が
決まっています。

厳格に従う必要はないですが、スマートな言い回し
になります。

順序としては、
1 サイズ
2 古い/新しい
3 色
4 何処の物か
5 何で出来ているか

これを覚えるのは少々面倒ですね。
下のひとつを覚えておけば、いろいろ応用できます。

a small old red French wooden car  フランスの小さな赤い木の車

”a small old red French wooden car ” と10回言ってみてくだい。
どうですか? もう大丈夫ですね。

赤い小さな木で出来たオモチャの車を想像しながら言ってみて
ください。

如何でしたか?

それでは、次回お会いしましょう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-11-20  
最終発行日:  
発行周期:週2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。