トップ > ライフスタイル > 環境 > 環境社会ニュース

環境に関する政治を左右する科学者の貴重な研究や、街角の体験から出る貴重な情報や、知られていない草の根活動を環境社会新聞社がお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



環境社会ニュース 100628

発行日:6/28

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
環境社会ニュース  100628号                        2010/06/28
                                              環境社会新聞社
                                     info@kankyousyakai.com
                               http://www.kankyousyakai.com/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


★大好評!「 日本の洗濯 」コーナー
http://www.kankyousyakai.com/index.php?data=./data/l5/
ご寄稿大歓迎!( 連絡先必記の事 )
共に日本の汚れを叩き出して洗い落としましょう!
 
★御紹介します「 日本環境学会 様 」
http://www.jaes.sakura.ne.jp/

★御支援ありがとうございます「 日本ポリグル 株式会社 様 」
http://www.poly-glu.com/index.html
会長挨拶
http://www.poly-glu.com/company_profile/index2.htm


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 

◆【今週のきづき】

参議院選挙戦が始まりましたね!民主党の10ヶ月の政治を、
どう評価しますか?

華々しく温室効果ガスを2020年までに25%削減すると
宣言ましたが、具体的には何も前進していません。
むしろこれからなのかもしれません。

「事業仕分け」が私には一番印象に残りました。
これからやな・・・と注目していたら・・
普天間の壁が動かず・・・
温暖化防止基本法も頓挫して総理交代。

例えが適切かは分かりませんが、入幕したてのお相撲さんが
いきなり横綱と相撲を取ったようなもの。
華々しさだけが目立って、民主の本質を見抜かれそうになり、
市民の生活が一向に良くならず、支持率が落ち初め、
焦りからか、財源の確保の為に消費税一色になりそうです。

仕切り直しってとこですかね・・・でも、高速道路の無料化、
「コンクリートから人へ」のフレーズで、公共工事を
バッサバッサと停止、天下り関連団体の事業仕分けなど、
懸案事項はまだまだ手付かずです。

その中で、国民の生活は疲れて元気がなくなり、
景気浮上のみに注目が集っているように見えます。

一方、自民党も公明党も民主党に批判を浴びせていますが、
100年安心の福祉を約束しながら守れなかった金と政治の
問題を挙げて批判している、その先輩は自民党なわけで、
そう簡単に!)自公よもう一度!)にはならないんじゃあないかな?

みんなの党や日本創新党、たちあがれ日本、国民新党、
新党日本、社民党などがしっかり伸びて建設的な論戦を
展開して欲しいと思いますね。

共産党もそろそろ赤旗ばかりに拘らず、緑旗に変えるつもりで
もっと柔らかくなって欲しい、そうすればもう少し
支持率があがるかも・・・

個人的には、資源の有限、原子力問題、温暖化問題、
軍事費の問題が気になるところです。



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
〜印刷とマルチメディア感動とコミュニケーションを提供します〜
株式会社アットプロ 様 http://www.at-produce.jp/index.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



◆弊紙「環境社会新聞」を是非お読みください★
本紙PDFによる販売を開始〜完全ペーパーレスを目指します!
PDFファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
ご不明な点がございます場合は、お気軽にお問合せください。
 
購読料 
<PDF紙>年間3,150円/PC1台、パソコン1台毎に配信します。
1,000円/PC2〜50台、500円/51〜100台、200円/100〜1000台
 
<本 紙>年間10,500円/1部
ご希望の方は、「メールアドレス」と「お名前」「ご住所」
「PDF希望」または「本紙希望」とご記入の上、お申込下さい。
⇒お申込アドレス info@Kankyousyakai.com



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
ココロジー経営研究所 様 http://homepage3.nifty.com/kokorogy/
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



【今 回 の 目 次】

●今週のきづき
●山本良一著書より『残された時間』温暖化地獄は回避できるか?転載 第18回
●グリーン・エネルギー・パートナーシップ総会開催のご案内
●立山裕二『キーワードで読む環境問題55』出版記念無料プレゼント
●定例会 最近の国際石油情勢とわが国の経済およびエネルギー需要動向
●地域連携リユースセミナー
●募集・イベント開催・その他情報
●まちづくりフォーラム
●『省エネ法』『温暖化法』対策実務講座
●『環境・廃棄物問題研究会』のご案内
●環境省より『入札情報』
●国土交通省セミナー『ボディスキャナー実証実験』



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとございます★
有限会社 マネジメント・パワー・コンサルティング(MPC)様
http://www.mpcco.jp/index.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



◆ 残された時間〜温暖化地獄は回避できるか?〜
山本良一著書より    発行所:ダイヤモンド社
03-5778-7235(編集)   03-5778-7200(代)担当 田村
 
◇ 連載 ・第18回
第一章 2℃突破とポイント・オブ・ノーリターン

●2℃突破の確率
前述したように、「ザ・ファイナル・カウントダウン」では、
2℃突破のポイント・オブ・ノーリターンは、
温室効果ガス濃度(CO2e)が四〇〇ppmに達する年として
二〇一六年一二月とした。

それでは、そのほかの研究ではどうであろうか。
まず気候シミュレーションの事例についてみてみよう。

前著『気候変動+2℃』で紹介した日本のグループの研究では、
高度成長社会シナリオをもとに計算している。

それによると、エネルギー開発や技術はバランスよく進歩し、
経済成長は平均約二.九%、個人の所得は増加を続け、
世界人口は二〇五〇年に八七億人に達し、その後減少して
二一〇〇年に七一億人に達すると想定している。

このシナリオでは、CO2濃度は二一〇〇年に現在の約二倍の
七二〇ppmに達する。その結果、世界の平均気温の上昇が
2℃を超えるのは二〇二八年、3℃を超えるのは二〇五二年、
4℃を突破するのは二〇六九年と予想された。

一方、二〇〇五年二月英国で開催された
「危険な気候変化を回避する」という国際会議で、
WWF(世界自然保護基金)は、2℃を突破するのは二〇二六年と
二〇六〇年の間であるというシミュレーション結果を
発表している。

気候モデルや経済社会の発展シナリオによっては、
当然2℃を突破する年もシミュレーションごとに変化する。

WWFは、二〇〇八年六月にIPCC第四時報告書の四つの気候モデルを
用いた新たなシミュレーションの結果を公表している。

それによれば、2℃突破は、二〇二七年と二〇五三年の間
(最良の推定値は二〇四二年)という結果となっている。

気候シミュレーションの結果からは、2℃突破はあと数十年後
ということになる。

さて二〇〇九年四月の『ネーチャー』誌に、2℃突破の
ポイント・オブ・ノーリターンを評価する米国NASAの
論文が掲載された。

要点は、2℃突破の確率とCO2の累積排出量の間には
よい相関があるということである。

それによれば、2℃突破の確率が五〇%を超える臨海排出量は、
三一〇GtC、四八〇GtCと計算され(二〇〇九年を基準として)、
評価法が異なるのに同じような結論が得られたとしている
http://www.kankyousyakai.com/index.php?data=./data/l1/cl3/参照)。

2℃突破のポイント・オブ・ノーリターンを決定するCO2の臨海排出量の研究は、
これで終了というわけではもちろんない。

しかし、これらの研究成果は気候政策に大きな影響を
及ぼすであろう。

研究で用いられる気候感度は、早いフィードバックプロセスのみ
を考慮したものであって、植生や氷床のような
遅いフィードバックを取り入れたものではない。

遅いフィードバックプロセスを取り入れると、
気候感度は3℃より大きくなると考えられている。

これは、よりわずかなCO2の累積排出量で2℃を突破することを意味する。

つづく、次回は7月5 日の予定



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとございます★
藤本環境オフィス 様 http://www.2grove.co.jp/company.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



◆グリーン・エネルギー・パートナーシップ総会

(併催 資源エネルギー庁主催新エネルギー特別講演会)開催のご案内
この度、「グリーン・エネルギー・パートナーシップ総会」が
下記の通り開催されます。
総会に併せて、新エネルギーに関する最新の政策動向や
グリーンエネルギーの利活用事例などを紹介する
資源エネルギー庁主催の特別講演を開催いたします。
グリーン・エネルギー・パートナーシップ会員の皆様はもとより、
一般の方々にも参加いただけますので皆様のご参加を
お待ちしております。
※グリーン・エネルギー・パートナーシップは、
グリーンエネルギーの活用や消費者の認知度向上を図ることを
目的として、平成20年6月30日の設立以来、
関係者が連携し、普及啓発活動に取組んでいる団体です。

【開催概要】
日 時:平成22年7月28日(水)13:30〜16:30
場 所:有楽町朝日ホール
    東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11階
定 員:600名
参加費:無料
★グリーン・エネルギー・パートナーシップ会員以外の方も参加いただけます★

【プログラム】
●第一部
グリーン・エネルギー・パートナーシップ総会13:30〜15:00
H22年度グリーン・エネルギー・パートナーシップ事業説明
表彰式(グリーンエネルギー導入事例)

●第二部
新エネルギー特別講演会15:00〜16:30
講演「新エネルギー政策の最近の動向について」(仮題)
    経済産業省 資源エネルギー庁 再生可能エネルギー推進室
   室長補佐 黒部 一隆氏
講演「グリーンエネルギー認証の現状と今後について」(仮題)
   財団法人日本エネルギー経済研究所 グリーンエネルギー認証センター
   副センター長 工藤 拓毅氏
活動紹介 最優秀表彰受賞者

●申込方法、詳細は下記をご覧下さい。
 http://www.nef.or.jp/topics/20100610.html



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 エコロジーサイエンス 様
http://www.terao-kochi.co.jp/index.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 



◆立山裕二『キーワードで読む環境問題55』出版記念
  ご購読の方に無料プレゼント!
 
◇おしらせと、ご挨拶
                       環境パートナーシップ協会
                会長 立山裕二
 
この度、7冊目の拙著『キーワードで読む環境問題55』
という本を出版しました。
環境問題とその対策の全体像を掴んでいただくことを
目的としております。
 
最近、温暖化やリサイクルなどで様々な議論が行われていますが、
話が噛み合わないばかりか、水掛け論になっていることが多いようです。
これは、同じ言葉であっても各自のイメージが異なっていることに
大きな原因があるように見受けられます。
 
そこで、まずは環境に関するキーワードの意味とイメージを整理し、
議論にするに当たっての共通認識を持つことが重要と考えました。
また本書はeco検定公式テキストに準拠していて、
合格に必要な知識と考え方を易しく解説しています。
各キーワードには必ず「eco検定合格のポイント」を付記しており、
学習効果を高めます。
 
私としては、これ1冊で検定合格できると確信していますが、
公式テキストの副読本としてお読みいただければ、
理解がより深まると思います。
 
なお現在、私のHPで発売記念キャンペーンを開催中です。
ご購入いただいた方に、環境や生き方関連のe-Book(下記(1)〜(9))を
何種類でも無料でプレゼントするというものです。
詳しくは↓をご覧ください。
http://homepage3.nifty.com/kokorogy/kokorogy4201.html
(1) これであなたもエコピープル!         A4版:152ページ
(2) 大好きな地球を大切に!            A4版:159ページ
(3) 環境問題「はじめの一歩」           A4版: 32ページ
(4) ブログで創る私と未来!            A4版: 40ページ
(5) 佐藤一斎『重職心得箇条』に学ぶ経営学』   A4版: 40ページ
(6) 洪自誠『菜根譚』に学ぶ人間学・経営学     A4版:102ページ
(7) 孫武『孫子の兵法』に学ぶ経営学        A4版: 60ページ
(8) エコ検定対策講座オリジナルテキスト      A4版: 32ページ
(9) あなたの講演を世界が待っている!       A4版:138ページ
以上、お知らせいたします
 

 
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 アイランド 様 http://www.e-ailand.co.jp/info.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 

 
 
◆定例研究報告会

テーマ:「最近の国際石油情勢とわが国の経済およびエネルギー需要動向」
日 時:平成22年7月14日(水)14:00〜16:00
場 所:経団連会館 2階 「経団連ホール」
    東京都千代田区大手町1-3-2 TEL :03-6741-0222<代表>
    ( 地下鉄大手町駅下車、C2b出口直結 )
    ↓会場地図はこちらをご覧ください。
    http://www.keidanren-kaikan.jp/map.html

内 容
<14:00〜15:00> 報告1
 「最近の国際石油情勢と原油価格展望」
 !)最近の国際石油市場における重要トピックスと今後の展望
 !)中国石油市場をどう見るか
 理事 戦略・産業ユニット総括  小山 堅
<15:00〜15:15> 質疑応答 
<15:15〜15:45> 報告2    
 「最近のわが国の経済とエネルギー需要の動向」
 計量分析ユニット 需給分析・予測グループ リーダー 末広 茂
<15:45〜16:00> 質疑応答

参加費:賛助会員・・・無料
    情報会員(法人・個人・学術)・・・3千円
    セミナー会員・・・5千円

申込み方法:下記URLより、ご登録をお願い致します。
https://eneken.ieej.or.jp/seminar/event_login.php
申込締切 :7月7日(水)
※ 定員を超えた場合は締切り前でも募集を打ち切らせて
いただくことがありますので、ご理解のほど、
宜しくお願いいたします。

(財)日本エネルギー経済研究所 定例研究報告会係
TEL03-5547-0211 FAX03-5547-0223
E-mail:ieej-mail@tky.ieej.or.jp



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
協和化工 株式会社 様 http://www.kyowakako.com/gaiyou.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 

 
◆地域連携リユースセミナー

7月5日(月)13時〜17時 ≪参 加 費 無 料≫
〜 全国の地域リユース先進事例に学ぶ 〜を開催します!
★定員がありますので、お早めにお申し込み下さい!
  【主催】NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット3R活動推進フォーラム
 【後援】3R推進団体連絡会  
 【会場】会場千代田区立内幸町ホール
 【定員】180名
             ▼詳細はこちら▼ 
   http://3r-forum.jp/img/p4bf0e40d8e420.pdf
             ▼お申し込みはこちら▼
   http://3r-forum.jp/img/p4bf0e424ed781.pdf


 
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 スズキケンセツ 様
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 

 
 
京都市
 「ごみの分別・リサイクル〜キチンと分けて京都は分別美人〜」
  の動画をインターネット配信しています。
  タレントの安田美沙子さんと一緒に、動画で楽しく
  ごみについて学びましょう!http://kyotobunbetsu.com/ 
 

 
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
日本アドグリーンコート 株式会社 様 http://www.adgreencoat.com/
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



福岡市
 ▼西部3Rステーション(リサイクルプラザ) 7月前半の催し
http://www.city.fukuoka.lg.jp/events/seiburisaikuruplaza7gatuzennhan.html
 ▼ミニ3Rステーション(リサイクルプラザ) 7月前半の催し
http://www.city.fukuoka.lg.jp/events/miniplaza7gatuzennhan.html
 ▼臨海3Rステーション(リサイクルプラザ) 7月前半の催し
http://www.city.fukuoka.lg.jp/events/rinnkairisaikuruplaza7gatuzennhan.html
 ▼「福岡市事業系食品循環資源リサイクル研究会」の報告書ができました
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/jigyokeigomi/life/syokuhinrisaikuruhoukokusyo.html
 ▼若年層への環境啓発U-30事業学生による企画コンペ傍聴希望者募集!!
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/k-seisaku/opinion/H22nU-30_2.html
 ▼第1回 事業系ごみの資源化推進検討委員会議事録
 (平成22年3月29日開催)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/keikaku/shisei/H210520wastecommittee_2.html

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 京星 様 http://www.concle.co.jp/
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 
 

◆平成22年度環境カウンセラーの募集について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12616
 
◆相模原市
 事業仕分けの実施について
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/seisaku/017666.html
 
◆和歌山県
 エコアクション21システム構築セミナーの開催について
http://wave.pref.wakayama.lg.jp/news/kensei/shiryo.php?sid=11159
 
◆新潟市
 「事業仕分け」を公開で実施します
http://www.city.niigata.jp/info/gyokei/gyokaku/22shiwake/kaisai.html
 
◆NPO法人環境文明21
 第三回 経営者「環境力」大賞実施と募集のお知らせ
http://www.kanbun.org/2010/NPO/bukai/Green_Economy/100608/before/100608Eco-Power_Award.htm
 
◆気候ネットワーク
「第2次温暖化防止情報開示訴訟 大阪、名古屋地裁で」を発表(2010/6/11)
http://www.kikonet.org/iken/kokunai/2010-06-11.html
 
◆国土交通省人事異動(平成22年6月23日)
http://www.mlit.go.jp/about/h22jinji.html
 
◆速道路の無料化社会実験
 専用ページはこちら(各道路会社HPへの関連リンクもあります) 
http://www.mlit.go.jp/road/road_fr4_000009.html
 
◆リコールの届出(BMW BMW 116i)
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000613.html
 
◆マンション管理業者への全国一斉立入検査結果(平成21年度)の概要
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo16_hh_000036.html
 
◆「国土と交通に関する図画コンクール」作品募集要領
http://www.mlit.go.jp/report/h22zugacon.html
キッズコーナ: http://www.mlit.go.jp/kids/



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
東京環境エレックス株式会社 様
http://www.geocities.jp/tokyo_elex/index.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


 
◆「地球温暖化対策に関する国民対話〜チャレンジ25日本縦断キャラバン〜」
の第一回が都内で開催された。と気候ネットワークの報道
「地球温暖化対策に係る中長期ロードマップの提案」や
キャップ・アンド・トレード方式による国内排出量取引制度
の今後のあり方について説明、その後参加者からの
質疑応答に応じた。
企業関係者多数、質疑で学生や環境NGOから産業部門での削減が
甘いのではないか、原子力に依存する想定が過大すぎる
のではないかといった意見。
今後、大阪、岡山、福岡、名古屋、仙台、札幌などで開催される予定。
(問合せ:チャレンジ25キャンペーン事務局(国民対話係)TEL:03-3545-1231)
URL:http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12542



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 美濃ラボ 様
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 

 
◆環境カウンセラー:小林倫子さん(岡山県)
 低炭素社会に向けた まちづくりフォーラム(7/17)

講 師:大西 隆氏(東京大学大学院教授)
    環境省新地方公共団体実行計画策定マニュアル等改定検討会座長
日 時:2010年7月17日(土)
    13:30〜16:30
会 場:倉敷市芸文館アイシアター(倉敷市中央1−18−1)
パネリスト:調整中
対 象:行政関係者、企業、商工関係者、大学・研究機関関係者、
        地球温暖化防止活動推進員、一般市民
定 員:150名(予定)
参 加:無料
以下のブログにチラシ掲載→倉敷・総社 温暖化対策協議会
ブログ http://blog.canpan.info/kurasocoff/
主催:(財)岡山県環境保全事業団
   「岡山県地球温暖化防止活動センター」
企画・運営:倉敷・総社温暖化対策協議会(くらそう)
担当者:中村泰典、平尾博美
連絡先:(平尾) 電話 090-3635-8607 FAX 086-522-4402
    (中村) 電話 090-2009-6462
申込みは、メールkotatu-mikan@mx2.tamatele.ne.j
またはFAX086−522−4402まで
お名前、所属団体名、ご連絡先をお知らせ下さい。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
財団法人 科学技術振興育英財団 様 
http://green.ribbon.to/~endowment/main.htm
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 
 

◆「改正『省エネ法』・『温対法』対策実務講座」を開催します!

大阪商工会議所では、改正「省エネ法」・「温対法」への
対応に取り組む事業者を対象に、標記講座を開催します。

本講座では、両改正法のほか「大阪府の温暖化防止条例」
にも触れ、法令内容の説明だけでなく、届出書類や
エネルギー管理マニュアルの作成方法や、省エネ対策の
実務で役立つポイントなど、経験豊富なコンサルタントが
分かりやすく解説します。ぜひご参加ください。

【日時・場所】
(A)「エネルギー使用状況届出書「定期報告書」作成コース
  *日時:7月12日(月) 10:00〜17:00
  *場所:大阪商工会議所 5階 502号会議室
(B)「管理標準」・「中長期計画書」作成コース
  *日時:9月 7日(火) 10:00〜17:00
  *場所:大阪商工会議所 4階 401号会議室

【講師】
エコエナジー株式会社 代表取締役 伊藤 智教 氏

【主な受講対象】
改正「省エネ法」・「温対法」の規制対象事業者

【定 員】
各コースとも50名(FAX先着順)

【受講料】
各コースとも大商会員:7,500円/人
        一般:15,000円/人
(いずれも テキスト代、昼食(弁当)代、消費税込み)

【お申込み】
下記HPから申込書をダウンロードの上、
必要事項をご記入頂き、大阪商工会議所事務局まで
FAXにてご送信ください。
↓↓詳しくはこちら↓↓            
http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf10/h22seotai.pdf
↓↓申し込み・問い合わせ先↓↓
 大阪商工会議所 経済産業部産業・技術振興担当
 TEL:06−6944−6300 /FAX:06−6944−6249
 
 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
有限会社 名島産業建設 様 http://www.najima1972.com/
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 
 

 
◆「環境・廃棄物問題研究会」第36回研究例会のご案内(ダイジェスト版)
 
この研究例会は、奇数月の第3土曜日に開催しています。
自由なテーマで、自由に発表いただき討議することをモットーに
オープンで開催しています。

例会で、ご報告いただける方がおられましたら、歓迎いたしますので、
どうぞご一報ください。(謝礼無し)  6/13 小野塚春吉

【日 時】2010年7月17日(土)午後1時開場、1時30分開会、5時閉会
【場 所】日本大学歯学部3号館2階第五講堂
     交通:JR御茶の水駅(聖橋口)から徒歩約2分
      http://www.dent.nihon-u.ac.jp/org/j-org01.html 参照
【テーマと報告者】
◇第一報告「エコポイントシステムの現状」
       松田真由美氏(財団法人 政治経済研究所主任研究員)
◇第二報告「国立水俣病総合研究センターが行った『太地町における水
      銀と住民の健康影響に関する調査結果』をどうみるか?」
       小野塚春吉氏(財団法人 政治経済研究所主任研究員)
【参加費】 200円(資料代。当日会場で申し受けします。)
※研究例会は、オープンで開催しています。会員外の方も参加できます。
 希望者はどうぞご参加ください。
【本研究例会の主催および問い合わせ先】
 財団法人 政治経済研究所「環境・廃棄物問題研究会」
  E-mail  kanpaiML-staff@seikeiken.or.jp(研究会「運営事務局」)
 〒136-0073 江東区北砂1-5-4 TEL 03-5683-3325 FAX 03-5683-3326


 
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 田部 様 http://www.tanabeco.com/
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



◆環境省より

・入札公告:平成22年度有害大気汚染物質の健康リスク
      評価手法等に関するガイドライン策定検討委託業務
      [総合評価落札方式](〜H22.07.16)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/nyusatsu2/100618a.html

・入札公告:環境調査研修所産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を含む)
      処理業務(〜H22.06.28)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/100618a.html

 ・「地域における多様な主体の連携による生物の多様性の保全のための
 活動の促進等に関する法制度に関する環境副大臣との懇談会」
  の結果について
http://www.env.go.jp/nature/biodic/meeting100602.html

・入札公告:平成22年度木材調達のグリーン化普及啓発キャンペーン
      実施業務[総合評価落札方式](〜H22.07.14)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002925.html

・入札公告:平成22年度環境影響評価法施行状況等調査業務
           [総合評価落札方式](〜H22.07.16)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002926.html

・入札公告:平成22年度環境にやさしい企業行動調査業務
           [総合評価落札方式](〜H22.07.16)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002927.html

・入札公告:平成22年度浮遊粒子状物質成分別環境濃度解析調査
           (〜H22.07.12)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002928.html

・入札公告:平成22年度クリーンアジア・イニシアティブ推進等
            補助派遣業務その2(〜H22.07.12)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002929.html

・入札公告:平成22年度漂着ゴミ状況把握調査業務
           [総合評価落札方式](〜H22.07.21)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002930.html

・入札公告:平成22年度廃棄物処理施設における入札・契約の
            適正化に係る技術支援調査検討業務(〜H22.07.15)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/021002931.html

・入札公告:平成22年度新宿御苑旧洋館御休所復原工事
      (〜H22.07.22)
http://www.env.go.jp/kanbo/chotatsu/100623a.html



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
三光化学工業株式会社 西部営業所 様
http://www.sanko-chemical.co.jp/company/gaiyou.html
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■



◆国土交通セミナー
ボディスキャナー実証実験〜7月5日から成田国際空港でスタート〜

昨年12月に米国・デトロイトに向かう航空機で発生したテロ未遂事件は、
金属探知機では探知できない化学物質を着衣の中に隠し、
爆薬として機内に持ち込まれたものでした。

この事件を受けて、本年3月に東京で開催された
「アジア太平洋地域航空保安大臣会合」において、
航空機に対するテロ防止のため「持ち込みが禁じられている物質を検知し、
機内への持ち込みを阻止するために現代技術を活用する」ことが
共同宣言として盛り込まれました。

国土交通省では、化学物質等を検知できる「ボディスキャナー」実証実験を、
7月5日より成田国際空港で開始することとしました。

ボディスキャナーは、空港において衣服の内側に不審物を隠していないか
チェックするもので、金属以外の化学物質なども発見することが可能であり、
既に他国の空港でも導入や試験が行われています。

この実証実験は、新たな航空機に対するテロ・脅威への対応策を
検討するうえで極めて重要なものでありますが、その一方で、
個人のプライバシーや安全を尊重しながら、有識者を含めた実行委員会が
取りまとめた方針に基づき、空港ご利用の皆様のご理解とご協力を
いただきながら進めてまいります。
■トピックス「成田国際空港におけるボディスキャナー実証実験」   
 http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr2_000005.html    



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
株式会社 シオンコーポレーション 様
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
地球益P&C研究所 様
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★御支援ありがとうございます★
スーパーホテル 様 「ぐっすりねむれたよ」そんなお声が・・・
http://www.superhotel.co.jp/
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■


次回配信は、2010年7月5日(月)の予定です。
 
〜 誰もが知らない小さな環境活動を大きく採り上げて報道 〜
〜 誰もが知っている情報を鋭く厳しい目線で明らかに報道 〜
 
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏    環 境 社 会 新 聞 社
┏    〒540-0034大阪市中央区島町2-1-5-2F
┌    TEL:06-6941-8747  FAX:06-6944-8955
┌    MAIL: info@kankyousyakai.com
┌    HP: http://kankyousyakai.com/
┌   メルマガ: http://www.melma.com/backnumber_183197/
┌   新聞購読お申込: http://kankyousyakai.com/index.php?data=./data/l3/
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

※ 「環境社会ニュース」にご興味がある方にはご自由に転送して下さい。  

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 人一言

    最終発行日:
    2011/06/18
    読者数:
    45人

    名言

  2. 神話と伝説

    最終発行日:
    2014/01/26
    読者数:
    45人

    ギリシャ神話を中心に大人向けに神話や伝説を解説します。

  3. シャンパーニュ委員会(C.I.V.C.)日本事務局メールマガジン

    最終発行日:
    2012/07/17
    読者数:
    47人

    シャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C.)日本事務局がお届けするメールマガジンです。日本事務局の公式HPの更新情報や新しい資料のご紹介など不定期に発行いたします。

  4. 美容室情報局

    最終発行日:
    2017/05/02
    読者数:
    16人

    美容室について詳しい情報を得たい人達に、良い美容院の選び方から良いお店の紹介まで、多くの情報を提供するメルマガです。

  5. 膠原病と戦う専業主夫のオークションライフ

    最終発行日:
    2012/11/25
    読者数:
    39人

    膠原病を持つ、専業主夫の管理人が月30万円をオークションで稼ぐ秘訣を公開しています。

発行者プロフィール

過去の発行記事