トップ > 旅行・レジャー > アウトドア > 野の本・山の本

野の本・山の本

RSS

【野の本・山の本】:花たちのおしゃべりがにぎやかな春の野。夏山の大きな太陽、雲わく稜線。足元に咲く高山植物を愛でながらの山旅漫歩゚。染まる紅葉に彩られる秋の野山。歴史と伝説に満ちた雪のなかの峠。ザックの中の思い出はふくらみます。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-02-22
発行部数:
57
総発行部数:
13011
創刊日:
2009-10-24
発行周期:
不定期
Score!:
100点

山の妖怪神「群馬県赤城山の天狗」

発行日: 02/22

▼某月某日 山の妖怪神「群馬県赤城山の天狗」




赤城山の名は、ムカデになった赤城山の神が、ヘビになった日光の
神と戦って負傷。山の木々が血で赤く染まったので、赤木山といっ
たのがはじまりだという。


火口原には火口原湖の大沼と、火口湖の小沼があります。大沼の東
岸の最高峰である黒檜山の山ろくに赤城神社があります。


赤城神社は全国には関東地方を中心にして約300社の赤城神社があ
るといわれる名刹。


赤城山はには天狗伝説もあります。それもそんじょそこらの小ワッ
パ(童)天狗と大違い。大天狗のなかでも、赤城山杉ノ坊という名
前まである大物天狗です。


赤城山大沼湖畔の飛鳥社は天狗祠だという。『新著聞集』に、「天狗
一夜にして法燈寺をつくる」という一文があります。


法燈寺は、和歌山県の由良町にある臨済宗の鷲峰山興国寺というお
寺。この寺はどうしたわけか、たびたび火災が起こりました。


この寺を一夜で再建したのが赤城山の天狗杉ノ坊だとしています。
・群馬県勢多郡富士見村赤城山。


▼↓【画像】と説明【本文】をどうぞ
http://toki.moo.jp/merumaga/noinakami/inakami02.html





【広告】
…………………………………
★【ヤマケイ新書】『日本百霊山』(山と渓谷社)税込950円。書店
 にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。
 詳しくは:http://toki.moo.jp/mybooks/
・【仕事部屋】へどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/(私のHP)
・【マイブックス】のページ: http://toki.moo.jp/mybooks/
・【山のはがき画の会】へのお誘い:http://toki.moo.jp/hagakiga/
・【グッズマイショップ】:https://suzuri.jp/toki-umoart
…………………………………




★おわり
………………………………………………………………………………

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 開花・紅葉情報 山と自然の旅ニュース

    最終発行日:
    2017/01/27
    読者数:
    1826人

    四季の移り変わりの美しい日本。旬の花や紅葉情報など、全国各地の開花情報・自然情報をお届けします。可憐な山野草から、お馴染みの花や紅葉の名所などの紹介の他、祭り・イベント情報もお知らせします。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/02/22
    読者数:
    23944人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/02/02
    読者数:
    3291人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    5528人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 山旅漫歩゚日記

    最終発行日:
    2017/02/21
    読者数:
    59人

    雄大な景色が広がる稜線歩き。その足元に咲く高山植物。いまでは人の気配もない深山の峠。この「山旅漫歩゚日記」は、花の神話・伝説、山や峠の民話、歴史伝承を発信するメールマガジンです。

発行者プロフィール

とよだ時

とよだ時

http://toki.moo.jp/

むら里画文ライター・(漫画家)。山の伝承(炉端ばなし)、山・花・峠石仏の伝説伝承話を求めて徘徊。