アウトドア

野の本・山の本

【野の本・山の本】:花たちのおしゃべりがにぎやかな春の野。夏山の大きな太陽、雲わく稜線。足元に咲く高山植物を愛でながらの山旅漫歩゚。染まる紅葉に彩られる秋の野山。歴史と伝説に満ちた雪のなかの峠。ザックの中の思い出はふくらみます。

メルマガ情報

創刊日:2009-10-24  
最終発行日:2018-08-12  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

某月某日 山の伝承・伝説に遊ぶ【ひとり画ってん】「富士山頂の伝説と民話」

2018/08/12

………………………………………………………………………………
▼山の伝承・伝説に遊ぶ【ひとり画ってん】「富士山頂の伝説と民
話」








★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■無料メールマガジン  発行不定期■
発行 【とよだ 時】(山と田園・ゆ-もぁ画文作家)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


みなさんこんにちは。また新しく読者登録して下さったみなさん、
よろしくお願いします。


さてきょうのメルマガは
▼山の伝承・伝説に遊ぶ【ひとり画ってん】「富士山頂の伝説と民
話」

【概略】
富士山頂には大内院と呼ばれる直径800mもの噴火口があります。
一周が約3.5キロほど。そのまわりに剣ヶ峰、白山岳、久須志岳、
大日岳、伊豆ヶ岳、成就ヶ岳、駒ケ岳、三島岳と八つのピークがあ
ります。

これらにはそれぞれ本地垂迹による仏神が配置されています。それ
らを「八葉蓮華」(お釈迦様が座っている蓮)に例えて「お八」と
いったそうです。

これらの火口壁を一周するのがお鉢めぐり。昔は「お八」の尊称か
ら「お八めぐり」といっていました。しかし明治維新の廃仏毀釈の
影響で仏教的な呼び方が廃止され、山頂の大内院(火口)を「すり
鉢」に例えて「お鉢めぐり」と呼ぶようになったという。

火口には大内院のほか、西安河原にも小内院と呼ばれる噴火口があ
ります。小内院の外側を回るのを外輪コース、内側を回るのを内輪
コースと呼んでいます。

富士山は太古の昔から詩歌、紀行、史実にあらわされ、また山岳信
仰のメッカとしてあがめられてきた山。大衆化されたとはいえ、や
はり富士山は神秘の山。いろいろ面白い話が残っています。

……さらには→
http://toki.moo.jp/merumaga/yamatabi/yamatabi05.html

…………………………………









★おわり
………………………………………………………………………………















………………………………………………………………………………

最新のコメント

  • コメントはありません。