占い

このメルマガは現在休刊中です。
風水

迷信と宗教と悪徳商法が入り交じった現代風水。しかし、その根源は実利的で合理的なものです。風水の嘘と本当を考える日本観気研のメルマガ【風水】です。みなさんのどんな質問や疑問にもお答えします・・・分からないことは「分かりません」とお答えしますので・・・

全て表示する >

【風 水】 2015年4月8日号

2015/04/08

  
     毎月の九星占いは『月刊風水』のトップページに掲載中です      
   URL= http://homepage2.nifty.com/kankiken/index.html#top001   
  
start ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かなり間隔が開いてしまいました ・・・ が、めげずに続けます。


前回までで丑の刻参りの準備は整ったと思います。
では、いよいよ Let's go!・・・ の前に、呪いを掛けるルールを少し。


丑の刻参りでは、衣装や道具よりも、釘を打つ時間や回数がとても大切です。

まず、わら人形を木に打ち付ける時間ですが、その名が示すように丑の刻でなけれ
ばなりません。分かりやすいですね w

丑の刻は今の時間でいえば午前2時ですが、時報にあわせてどんびしゃの釘打ちは
なかなか難しいと思います。
そこで丑の刻参りでは、午前2時の前後1時間を有効時間としています。
ご都合主義ともいえますが、午前1時から午前3時までの2時間が、作業時間とし
て確保されているわけです。やったね ^^v

しかし、喜んではいられません。本当に大変なのはここからです。

釘打ち作業と神仏への祈願を始めたら、終わるまで人に見られることなく、それを
7日間続けなければなりません。
24時間眠らない現代日本において、「人に見られず」というのはかなりの難易度
ですが、それを一週間も続けなければならないわけです。
普通の市民生活をしている人であれば、睡眠不足で倒れてしまいそうですが、他人
の人生をめちゃくちゃにしようとしているのですから、その程度のリスクは頑張る
しかありません。

だから、思いつきで始めると大抵は挫折しますので、まずは一週間の計画表をしっ
かりと立てることです。

ちなみに、もし誰かに丑の刻参りの現場を見られたら、自分のかけた恨みが自分に
帰ってくることになっています。
そのため、もし誰かに見られた場合は、見た人を抹殺せよとあります。
陰陽道にもそんなのがありましたが、目撃者はたまったものではありません。

くれぐれも目撃者にならないことですが、神社仏閣は多くの場合、パワースポット
です。なので、心霊スポットやパワースポット巡りが趣味の人は、夜中に神社に行
こうなどとは考えないことです。

ということで、あれやこれやのハードルをクリヤして、満願7日目を迎えることが
できたとします。果たして神様は願いを聞き入れてくれたのでしょうか。
その答えが最終日の帰り道にあります。

無事に7日目を終えた帰り道、行く手に黒い牛が現れれば、願いは神様に届いたこ
とになります。

Oh my God!と叫びたくなるでしょ w
今どき道路で牛と出会うことなど、日本であるのでしょうか?

そうはいっても、そうなっているので仕方ありません。
7日目が無事終わったら、寄り道しないでまっすぐ家に帰りましょう。
万が一、家に着くまでに牛と出会わなければ、一週間の努力は水泡に帰することに
なります。
しかし、道路でフリーの牛に出会う確率なんて、限りなくゼロに近いでしょうねw

こうしてみると、丑の刻参りのハードルはかなり高いですね。逆にいえば、誰かを
呪うということは、それほど凄まじいものだということです。
また、準備をして、願掛けに7日間もの時間を掛ければ、人間は冷静さを取り戻す
ものです。それが7日間の冷却期間だと思えば、なかなかよくできたシステムでは
ないでしょうか。

・・・ということは、もしあなたに呪う相手がいたとしても、さっさと忘れてポジ
ティブになったほうが、人生は豊かでハッピーになるということですね。

そうです、「人を呪わば穴二つ」とはまさに言い得て妙なのであります。

人間、倒れるときも前向きに ^^
__________________________________ 続 く  


         メールアドレス ⇒ kankiken@nifty.com

風 水 __________________________________

恋愛や相性といった個人の運勢は、風水ではなく四柱推命などの占術を使います。
愛をはぐくむ住居や、夫婦仲のいい家にするための調整は風水の仕事ですが、個人
の運勢を風水でみることはありません。

厳密にいえば、風水を占術といっていいのかどうか、疑問の残るところです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-10-05  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。