教育問題・教員

子どもの能力開発!

子どもたちの潜在能力を引き出し、【生きる力】を育てるにはどうしたらいいのか?
健康な心と体、そして、集中力、根気、やる気のある子に育てるための子育てノウハウを簡単な右脳開発ゲームを取り入れて満載します。

全て表示する >

【赤ちゃんの★夜泣き】

2012/08/17

毎日、暑いですね。

可愛い赤ちゃんでも、夜に何度も泣かれると、本当に疲れますよね。
これが毎日続くと、イライラもピークです。

なぜ赤ちゃんは夜に泣くのでしょうか?
生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、
夜に寝ても3時間から6時間くらいで起きてしまいます。

赤ちゃんは夜中にお腹がすいては泣きます。
夜中に暑くて眠れないといっては泣きます。
また、オムツが汚れて気持ちが悪いといっては泣きます。

赤ちゃんは自分では何もできないので、泣いて知らせるのです。
生後3ヶ月以上になるとだんだん昼夜の区別がつき、
夜に6時間以上眠るようになりますが、それでも夜泣きがひどい赤ちゃんがいます。

『夜泣きしたら、泣き疲れて眠ってしまうまで放っておきなさい。』
という人がいましたが、そのまま『ギャーギャー』
泣いているのを横目で見ながら、放っておくなんて
ストレスが溜まるばかりですよね。


例えば、『お腹がすいた』
     『暑くて眠れない』
     『オムツが汚れた』
『外出した時に犬にほえられて怖かったのを思いだした。』
『熱がある』
     『ママ、パパの険悪ムードに不安を感じる。』
などなど、何かの原因があります。

やさしく抱っこしてそっと話しかけて原因を聞いてあげましょう。

『えっつ???!!! 』 
『話しても赤ちゃんに分かるわけがないでしょ!』
という声が聞こえてきそうですが、

赤ちゃんは、優しく抱っこされて、一所懸命に
自分のために話しかけてくれるパパやママに癒やされて、
幸福感一杯で眠れるようになります。


幼児/子供を天才に育てる子育て術!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=150462&iid=31945

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-10-04  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。