ライフプランニング

ラストレター 〜大切な人に最期のメッセージを〜

当マガジンのタイトルはラストレターから「ありがとうレター」と変わります。
ある日突然、自分がこの世を去ることになったとき、貴方は誰にどんなありがとうのメッセージを送りますか?


全て表示する >

リミッターを解除したあの日 ライダーズマガジン

2010/08/25

……☆………………☆☆☆………………☆☆…………☆…………☆☆☆……

 
                     ライダーズマガジン
                   

                      ハスラー50
                      



ライマガ推奨
バイクのレッカー無料や故障時の帰りの交通補助等々
北海道二輪協同組合のカード!!!
http://www.hmg.or.jp/card.html

|||_______|||〜〜〜ーーー===−−−|||____|||


 こんちは〜なかおです。 
 
 今日の大阪も暑かったですよ

 そんな中、半袖やタンクトップに半キャップでバイクに乗ってる
人をたくさん見ますが・・・なんか情けないですね〜。 

 バイクって乗り物は不安定。 

 そして自己責任の乗り物です。 

 転倒前提で備えるところから乗って欲しいと、そんな事を
思いながら、テクテクと走ってました〜。 
 
 年を取ると説教臭くなるのかな(笑)と、自笑したりもしています。 
 
 さて、バイク。 

 むかーしむかし、50ccバイクがまだヘルメットの義務が
無かった頃。
 
 50ccのチェンジ付きはちょっといじると簡単に
100キロ以上の速度が出ました。
 
 RD AR MBX RG MB−5など、懐かしくもあり
素晴らしく速いバイクが揃っていました。
 
 僕が新車で買ったバイクはハスラー50。
 
 その理由は当時出たばかりのRG50ガンマと同じエンジンだったから。 

 で、買ってビックリしたのはその加速と、60キロになるやいなや
ザンバラバラバラバラ♪みたいな音で空回りするようにそれ以上
回らなくなるエンジン・・・そう、リミッターが付いていたんですね。 

 それまでの50ccはハイパースポーツとして多くの高校生の
憧れで有ったのですが事故が多く、メットの義務化と共に60キロ
規制が始まったんですよね。
 
 のために、前出のハイパー50達はプレミアが付き、新車で
20万円そこそこのバイクまで中古市場で30万・・・。
 
 ボロボロのだってリミッターが無いだけで20万はしたっけなぁ・・・。
 
 僕は長く乗るためにハスラーを買ったんですけどね、リミッターには
泣かされましたね〜(笑)
 
 新車の赤のAR50にも憧れたのですが、新車ではもう無く
中古では新車のハスラーより高くて、ハスラーにしたんですよ。 

 それまで、RG50Eをセパハンにしたのを友達に借りて
たのですが、自分は元々オフロード志向が強かったので、ハスラーで
満足でした。
 
 けど・・・リミッターには・・・と、繰り返す・・・(笑)
 
 さて、そのリミッター、どっかの会社からカプラーに指すだけで
リミッター解除が出来る物が売り出されました。
 
 それは、ガンマ用でしたけどね。 

 早速取り寄せて、改造してハスラーに付けた後、走り出したときは
嬉しかった・・・。
 
 今まで加速が死んだポイントである60キロからさらに伸びる
感じでエンジンが回るんです。 

 グイイィィィーーーンって、当時高校生の僕にとっては
スーパーパワーがわき出すような、そんな感覚がありましたっけ・・・。
 
 早速、取り付けて早々、大阪から神戸まで一気に走ります。
 また、その翌日には新御堂筋を激走します。
 
 30キロ制限の原付なんですけどね〜
 
 んなの関係ない・・・ってばかりにぐいいいーーーんって・・・
 (と、言う事で軽装の人たちに説教たれる値打ちのない僕ですが)。
 
 今まで一緒に走っていた友達を集めて、遊びに行こうぜって
声を掛けて走り出したらまた、ぐいいいーーーーーん・・・って・・・。
 
 なんだかとってもとっても嬉しかったなぁ・・・。
 
 と、言うのが僕の原付での体験。
 
 そのハスラー、6年くらい乗り続けて、最後は盗まれたん
ですよね〜(あまりに薄汚れていたので、廃品回収されたと言う話も)。 

 僕に爆弾加速をはじめて味合わせてくれたハスラー。
 
 今の僕で有れば、それは加速だなんて言うような物ではないの
でしょうけどね、ずーっと60キロリミッターに苦しめられていたからこそ
アレが解除されたときのグイイイーーーンは忘れられません。
 
 同時に、その体験があったから、16歳から26年間、ずーっと
バイクが好きなんだと思います。 

 26年間も乗っているとね、いろんな所に行きました。
 北海道も3回は行ってるなぁ・・・
 
 親友と行こうぜと約束をして、一足先に行ったその後、親友が
バイクの事故で死んだ事もありました。
 
 あれから僕はバイクのチームを解散して、ソロライダーになったっけ。
 
 そのソロライダーだった僕がなにげにはじめたのがこのライマガ。
 
 もう10年以上になるのかな。
 
 そのライマガのおかげでまた仲間が出来て、そしてツーリングや
旅行にも行ったっけ・・・。
 
 今も多台で走るのはちょっと苦手やけど、気の合う仲間と
楽しく呑んだりしているとき、あぁ、バイクって良いなぁと思います。
 
 そんな切っ掛けがあの小さい小さいリミッター解除の部品でした。
 
 あのリミッターの事をふと思い出して、ライマガに書いてみました。 

 (^-^)/ 

 ちょいとこのところ忙しく、忙しいの文字の通り、
心が亡くなりそうだったのですが、ニヤリとして元気になりました。
 
 昔々、26年ほど昔の思い出話、リミッターを解除した日からの
お話でした。 

 ではでは〜♪みんな今日も明日も元気で頑張ってくださいね。 

 そして楽しく走りましょうね(^^)v
 
 なかおでした。


追伸
 毎度書きっきり、読み返し無しのそのまんま発行につき
 読みにくい所 誤字脱字 その他・・・は、勘弁してやってくださいね。
 
 (^^)v

――――――――――――――――――――――――
発行 オフィス来夢 なかお
 大阪府大阪市北区天神西町7−5 2A
 東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル6F
 tel&fax 06−6364−0817
 携帯 090−3925−4354(ソフトバンク)
 mtouring@silver.ocn.ne.jp
 http://kigyoukacircle.com/
――――――――――――――――――――――――

 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-29  
最終発行日:  
発行周期:一ヶ月に3回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。