ライフプランニング

ラストレター 〜大切な人に最期のメッセージを〜

当マガジンのタイトルはラストレターから「ありがとうレター」と変わります。
ある日突然、自分がこの世を去ることになったとき、貴方は誰にどんなありがとうのメッセージを送りますか?


全て表示する >

年の瀬に人生をみつめる ラストレターその9

2009/12/31

━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━
☆ 「ラストレター」マガジン   第9話 ☆
━━━━━━━━━━━━━━━☆━━━━━━━━━━━━━

 ラストレターマガジンの読者の皆様こんにちは
 
 ラストレターマガジンの発行担当者であるNPO法人日本
 きぎょうコミュニティ代表理事の中尾です。
 
 僕はこのメールマガジンの発行担当以外にも、全国各地での
 ラストレターの無料セミナーでお話もさせていただいております。
 
 僕自身、癌になったり両親を相次いで急死で失ったり、親友を
 これまた事故で失ったりと、41歳にしては死に関しては思いを
 深める事の多い人生だと思っています。

 そう言う性急な死を知っているから、自分的な考えですが「生きてるだけで
 得」をしているとか、それだけで「丸儲け」な感じもしております。
 
 世の中では不景気だ何だと暗い話題が席巻しておりますが、それは
 長い人生のほんの一時の事象なんだと僕は考えます。
  
 人生の中では楽しい事もあり、それと同じくらいの苦しい事がある。 

 苦しい事が楽しい事への肥やしなのか
 楽しい事は苦しい事への布石なのかは、若輩者の僕にもまだまだ
 わからない事ではありますが、でも一つわかるのは
 
 「自分に最期のある事を知れば、生きている事こそ素晴らしい」と
 言う事です。
 
 このメールマガジンを読まれているすべての人へ、生きてる今だから
 できる事を精一杯してほしい、楽しみも作り出してほしいと思います。

 そして自分が作り出した幸せの中で最期の時を迎えてほしいなぁと
 思います。
 
 皆さん、今はまったくもって年の瀬です(笑)
 
 「何か!」を始めるのになんだかとっても良い機会だと思いませんか?

 この機会って言うのはこの年末でももうすぐそこにある年始でも良いんです。
 
 ちょっとしたきっかけのその日を活かして、僕は皆さんに「ラストレター」を
 書いてほしいと思っています。
 
 ラストレターとは「自分の身に万が一が有ったときに、遺された
 大切な人に届ける為の自分からのメッセージ」のことです。 

 送る相手は家族にでも、友人にでも、親戚にだって恋人にだって
 良いんです。
 
 自分がもしすぐ先に消えてしまうならば「伝えたい言葉がある」と
 「その伝えたい相手」がいませんか? 

 伝えたい相手こそ皆さんにとっては一番大切な人ではないですか?
 また、伝えたい事こそ一番大切な事柄ですよね。
 
 ならばこの機会に自分のために ラストレターを書いてみてください。
 
 書いている間に思う様々に事のおかげできっと心の温まる良い
 年末年始を送れますよ。
 
 いったい自分が誰のために生の一端を捧げているのか
 改めて解るのかもしれません。
 自分がいったい何を目指して生きているのかも解ると
 思いませんか?
 
 その書いた手紙、今は書いた後に破棄をしても良いと思います。 

 書く事が自分の中の想いを呼び起こすと思います。
 
 慌ただしい年の瀬に・・・とは思いますが、でもそう言った
 きっかけの日だからこそ、せめてこのメールマガジンを
 お読みいただいている皆さんにはそう言う挑戦をして欲しいと
 思いました。
 
 中尾吉宏

 
用語解説
 ラストレター
 法的拘束力はあえて持たない形で書く手紙の事。
 その手紙は自分の死後、生前に決めていた送り主本人に対して
 届ける事とする。
 ※ラストレター預かり事業も預け先の一つの選択としてお考え
  ください   http://npo-nkc.jp/lastletter

 法的拘束力を外した代わりにその手紙は他の相続人への
 開示の義務が無いと言うメリットがある(内緒の手紙が送れる)

 書く内容は人によってそれぞれで良いと思われるが、その手紙が
 遺した人の明日を生きるための活力になる内容が望ましい。

 ちょっとした指示などをいける事で遺した人が迷わないように
 してあげる事も素晴らしいと思います。
 

※今回は投稿いただいたラストレターの掲載はありません。
 次号からまた復活します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://npo-nkc.jp/lastletter ラストレターのHP
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-29  
最終発行日:  
発行周期:一ヶ月に3回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。