政治・経済

瓦ばん

俺の地方主権に対する想い

全て表示する >

瓦ばん-159

2016/10/13

 家族は社会の自然かつ基礎的な単位として尊重される。家族は互いに助け合わなければならない。
 先日民進党の蓮舫代表がこのような当たり前と思える考え方に「戦前の家の制度を復活させようとしている」とか「介護や育児を家族に押し付けようとしている」などと批判しているのを運転しながら聞いて驚いた。

 翌日の新聞を読むと、蓮舫代表の懸念は当然だというような論調もあり、また驚いた。

 家族が助け合うのは当たり前、できないところを共助、公助と社会の仕組みに頼ってゆくというこれが自然の形であり、戦後の家族より個人を優先する生き方が社会をゆがめてきているのではないのか。

 家族の絆や社会の連帯意識が希薄になってきている今の日本の姿を見ていると、蓮舫代表の考えに組みすることはできない。
 昔はお年寄りを老人ホームへ入れると恥ずかしいという意識があったし、税金のおカネを使わせていただくことに引け目を感じる風潮があった。古いことを言うなとお叱りを受けるかもしれないが、もらえるものはもらわねば損だという今の社会の姿に違和感を感じる。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-17  
最終発行日:  
発行周期:毎週金曜日  
Score!: 92 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。