金融・保険

週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜

日本国は破綻寸前・・・!
自分の資産は自分で守ろう!!
日本全体の債務残高は1,000兆円を超え、いつ国家破綻してもおかしくない状況です。日本経済の状況をお伝えしながら、その対策法(資産防衛、資産運用、年金確保)をご紹介いたします!

全て表示する >

◆日本が破綻する日を予言する!?

2010/11/13

こんにちは、maruです。


今週、2010年9月末時点での「国の借金」が発表になりました。

その額、908兆円。

今年6月に900兆円を突破しましたが、順調?に借金が増えております。

日本の財政は大丈夫なのでしょうか?



2010年11月13日号のメニューはこちらとなります。

◆日本が破綻する日を予言する!?
◆セミナーご案内
◆編集後記

────────────────────────────────
◆日本が破綻する日を予言する!?
────────────────────────────────

「国の借金」と言うとピンとこないかもしれませんが、借金は借金です。

返さなくてはなりません。

地道に返しておりますが、返済額よりも、金利分返済や新たな借金が負担となり、

借金は増えていきます。


こうした状況から、日本の財政破綻、

そしてハイパーインフレが起こるのではないかと言われております。


様々な形で日本の危機が報道されております。

●対GDPでの国債残高(http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/007.htm

日本の国債残高は対GDP費で約200%。

GDPとは一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額です。

その倍もある債務を簡単には返せるはずはありません。

年収500万円の人が1,000万円の借金をしているのと同じです。

簡単には返せませんし、浪費が激しく新たな借金(国債発行)をしているのです。

●日本の総貯蓄額との比較

日本銀行の試算によると、日本全体での貯蓄額は1,400兆円です。

しかし、約300〜400兆円はローンなどの負債分と言われております。

実際の貯蓄額は1,000兆円強と考えなくてはなりません。

「国の借金」が900兆円を超え、国の総貯蓄額を上回る勢いなのです。

●国民一人当たりの借金額

国の借金額を人口で割った数字が良く出てきます。

現在は一人当たり、約713万円。

今後人口が減っていく訳ですから、この負担額は間違いなく増加します。



このようなデータから、日本は財政破綻への道を進んでいると言われます。

では、それはいつか?

それは誰にもわかりません。

来年かもしれませんし、10年後かもしれません。

もしかしたら、永遠に財政破綻をしないかもしれません。


一つ言える事は、財政破綻する可能性は大いにあり得ます。

その為に対策をすべきです。

仮に財政破綻しなかったとしても、講じた対策で得をすれば(資産が増える)、

何の問題もないでしょう。


どちらにも対応できる資産の保全・運用を行っていく事が大事なのです。



――――――――――――――――――――――――――――――――
◆セミナーご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――

次回のセミナー予定は未定ですが、決定次第、ご連絡したいと思います。


また、個人的に話をお聞きしたいと言う方は、

気軽に御連絡(メール)いただければと思います。



────────────────────────────────
◆編集後記
────────────────────────────────

明日11月14日は、何の日かご存知ですか?

明日は、







良い投資の日です。

私が勝手に作った語呂合わせです。


日本証券業協会では、10月4日を「投資の日」と定めております。

どうせなら、”良い”と言うフレーズも付けたいですよね。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週末  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。