金融・保険

週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜

日本国は破綻寸前・・・!
自分の資産は自分で守ろう!!
日本全体の債務残高は1,000兆円を超え、いつ国家破綻してもおかしくない状況です。日本経済の状況をお伝えしながら、その対策法(資産防衛、資産運用、年金確保)をご紹介いたします!

全て表示する >

◆日本の金利が上昇しない理由とは?

2010/09/11


こんにちは、maruです。


日本は低金利が続いております。

8月には日本国債が1.0%割れを起こしました。

今後、日本の金利は上昇する事はあるのでしょうか?

今回は、金利動向から日本経済を探ってみたいと思います。


2010年9月11日号のメニューはこちらとなります。

◆日本の金利が上昇しない理由とは?
◆セミナーご案内
◆編集後記

────────────────────────────────
◆日本の金利が上昇しない理由とは?
────────────────────────────────

前回、ロシアの経済破綻の例を基に、日本の破綻スキームについて考察してみました。


1)日本は借金が多い

2)借金を賄っているのは日本国債

3)借金が多い日本国債は海外では買ってくれず、購入しているのは日本人(日本国)

4)日本国債の買い手がいなくなれば、日本円を発行しなければならない

5)日本円の価値が低下へ・・・

このようなスキームです。


ここに金利がどの様に動くかを考えてみましょう。


その前に、今はとても低金利です。

景気が悪いので、金融緩和策として金利を下げているというのはわかります。

しかし、日本国債の金利はバブル崩壊後、低金利が続いております。

この間、多少の好景気がありました。

日経平均株価は20,000円近くまで回復したこともありますし、

世界の金利は軒並み上昇したなかでも、日本はいつでも低金利です。

実はこれには訳があります。

それは日本が抱えている莫大な借金の為に金利を上げられないのです。


日本は現在約900兆円の借金を抱えております。

もし、金利を1%上げたとしましょう。

金利返済だけで年間9兆円支払わなければなりません。

国家予算の10%相当です。

日本は意地でも金利は上げないと思います。


しかし、いつか上げざるを得ない時が来るかもしれません。

それは、冒頭のスキームで

4)日本国債の買い手がいなくなれば、日本円を発行しなければならない

と言う状態に陥った時です。

日本国債の買い手がいなければ金利を上げて買い手を探さなくてはなりません。

しかし、突然金利が上がれば、その理由があるわけで賢い海外の人たちは購入しないはずです。

では、日本人が買うかと言われれば、既に3)で資金不足の状態ですので、それも望めません。


このような事から、日本では金利が上げることは出来ず、

逆に金利が上昇してきた時は、危険領域に入ってきたと考えるべきなのです。



――――――――――――――――――――――――――――――――
◆セミナーご案内
――――――――――――――――――――――――――――――――

次回のセミナー予定は未定ですが、決定次第、ご連絡したいと思います。


また、個人的に話をお聞きしたいと言う方は、

お気軽に御連絡(メール)いただければと思います。



────────────────────────────────
◆編集後記
────────────────────────────────

「他人丼」と聞いて、どんな丼を想像しますか?

私は、豚肉を卵でとじた丼です。


しかし先日、大阪で他人丼を注文したら、牛肉バージョンが出てきました。

豚であっても牛であっても、鶏卵との組み合わせは、”他人”ですので、

間違いないと思うのですが、

「他人丼=豚×卵」と言うイメージがあった私は驚いてしまいました。


全国的には、どちらが主流なんでしょうか?



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週末  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。