金融・保険

週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜

日本国は破綻寸前・・・!
自分の資産は自分で守ろう!!
日本全体の債務残高は1,000兆円を超え、いつ国家破綻してもおかしくない状況です。日本経済の状況をお伝えしながら、その対策法(資産防衛、資産運用、年金確保)をご紹介いたします!

全て表示する >

◆日本の金融機関が販売している海外金融商品の実態

2010/08/07



こんにちは、maruです。


皆さん、日本の金融機関との付き合いは少なからずあると思います。

その担当者や窓口に置いてあるチラシから、

海外の金融商品について紹介を受けた事があるかもしれません。

今回は、そう言った日本で売られている海外金融商品について解説したいと思います。


2010年8月7日号のメニューはこちらとなります。

◆日本の金融機関が販売している海外金融商の実態
◆お盆休みの推奨本
◆編集後記

────────────────────────────────
◆日本の金融機関が販売している海外金融商品の実態
────────────────────────────────

海外で扱われている投資信託、いわゆる「海外ファンド」ですが、

これは日本で扱われている投資信託と比べて利回りが高い商品が多いです。

例えば年間10%の利回りがあれば、興味を抱くと思います。

この商品を日本の金融機関が扱うとどうなるか?

検証してみましょう。


日本の金融機関が海外の金融商品を扱うには、日本独自の必要事項が発生します。

それは、日本人向け日本語の資料作成、日本国への法人税の支払い、

お客様に商品紹介をする営業マンの人件費などが必要です。


法人税の支払いは海外でも発生しますが、税率が大きく異なります。

日本の法人税の実効税率は約41%ですが、例えば香港であれば、16.5%です。


日本の金融機関はこうした経費が発生しますので、

お客様から毎年3〜5%の「管理手数料」を徴収しております。


管理手数料を5%として、10年運用した時の違いを比較してみましょう。

<運用期間>  初期 1年後 2年後 3年後 4年後 5年後 6年後 7年後 8年後 9年後 10年後 税引き後
管理手数料0% 100.0 110.0 121.0 133.1 146.4 161.1 177.2 194.9 214.4 235.8 259.4  227.5
管理手数料5% 100.0 104.5 109.2 114.1 119.3 124.6 130.2 136.1 142.2 148.6 155.3  144.2


10年後の税引き利益率(税率20%として)は、管理手数料が無ければ127.5%となりますが、

管理手数料が5%だと44.2%となってしまいます。


この差、大きいですよね。

複利運用ですから、この差は期間が長くなれば長くなる程、広がっていくのです。

海外の魅力ある投資商品を日本の金融機関が扱えても、

日本人のお客様への優位性はとても小さくなってしまうのです。

そもそも、日本の金融機関が独自に魅力ある商品を組成できれば良いのでしょうが。


これも日本と海外の”金融格差”と言えるでしょう。



(詳細はお問い合わせください)
────────────────────────────────
◆お盆休みの推奨本
────────────────────────────────

本日からお盆休みと言う人もいらっしゃると思います。

今日は、お盆休みに読んでいただきたい推奨本をご紹介したいと思います。


☆「マネーロンダリング」橘玲(著)
http://p.tl/IurZ

過激なタイトルですが、アジアの金融の本場「香港」と、「日本」を舞台にした”金融小説”です。

専門的な言葉も若干出てきますが、そうした用語を調べながら読むと金融知識が向上するはずです。

小説ですので、どんどん読み進めることができると思います。



────────────────────────────────
◆編集後記
────────────────────────────────

夏ですので冷たい飲み物がとてもおいしいです。

麦茶に烏龍茶、もちろんビール(笑)。

しかし、最近冷たい水がとても美味しく感じます。

冷蔵庫で冷やしただけの”水道水”なんですけどね。

夏だから感じられる美味しさで、秋になれば冷たい水など飲まなくなると思いますが・・・


冷たいものを飲み過ぎて、お腹の調子を壊さないように注意しましょう!


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週末  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。