金融・保険

週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜

日本国は破綻寸前・・・!
自分の資産は自分で守ろう!!
日本全体の債務残高は1,000兆円を超え、いつ国家破綻してもおかしくない状況です。日本経済の状況をお伝えしながら、その対策法(資産防衛、資産運用、年金確保)をご紹介いたします!

全て表示する >

◆海外投資は悪なのか?

2010/05/08

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

週刊!自分年金の作り方!!

〜国家破綻に負けない資産運用術〜

2010年5月8日号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こんにちは、maruです。


GWも終わりですね。

今年のGWは好天に恵まれ、気持ちのいい日々を過ごした方が多いのではないでしょうか。

今回は、そんな気持ちの良い話とは違い、

皆さんの中にある海外投資に対するモヤモヤした考えにお答えしたいと思います。



2010年5月8日号のメニューはこちらとなります。

◆海外投資は悪なのか?
◆セミナー開催予定
◆編集後記

────────────────────────────────
◆海外投資は悪なのか?
────────────────────────────────

「海外投資」と聞くと、胡散臭いとか違法ではないかと思う人が多いようです。

もちろん、そんな事はありません!

「海外投資」を投資や資産運用ではなく、例えば企業の工場建設と考えて下さい。

海外に工場を建設するのも、一種の海外投資ですよね。


例えば最近は、中国へ工場を建設する日本の製造業が増加しています。

その理由は、海外のが人件費や材料費が安い事が挙げらます。

そうして作った製品を日本の市場で売れば、利益額は当然大きくなります。

(中国市場の為に現地で作ると言うのも、もちろん含まれます)


日本で販売する製品の為に、中国に投資するのです。

中国に投資した結果、日本人の給料が賄われているのです。

現地採用の中国人の給料や現地関連会社の売り上げが増加すれば、

中国サイドも嬉しく思うはずです。


その中国も、資源確保の為にアフリカ諸国へ大量投資をしております。

もちろん、そうして設けたお金の多くは中国へ還ってきます。


「海外投資」は悪い事でも何でもないのです。

投資や資産運用に戻して考えてみましょう。


海外諸国へ投資すれば、その国は景気向上の助けとなり、文句を言う人はいないはずです。

投資した側、例えば日本人投資家も、海外へ投資した結果、

資産が増えて日本円となり戻ってくれば嬉しいに違いありません。


実は皆がハッピーになるのです。


最後に一つ付け加えるとすれば、きちんと税金は払いましょうね!



────────────────────────────────
◆セミナーご案内
────────────────────────────────

次回のセミナー予定は未定ですが、決定次第、ご連絡したいと思います。


また、個人的に話をお聞きしたいと言う方は、

お気軽に御連絡(メール)いただければと思います。



────────────────────────────────
◆編集後記
────────────────────────────────

「言葉の重み」って何なのでしょうか?


普天間問題に対する鳩山首相の根拠のない話にはウンザリします。

万人が満足する意見なんて存在するわけありません。

首相(リーダー)を中心とした政府が、有る程度を固めて、

物事を実行していかないと何も決まらないはずです。

八方美人の様に振舞って、四面楚歌になってしまってますよね。


「言葉の重みはかみしめなければならない」と発したその言葉こそが

軽すぎるのではないかと思います。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

メールマガジン
「週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜」

☆発行責任者:maru
☆ブログ   :http://monthly-fund.seesaa.net/
☆問い合わせ:lucky.whitesnake@gmail.com
☆登録解除  :http://www.melma.com/backnumber_182523/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■当メールマガジンは、無料レポートスタンド、メールマガジン登録

サイト等からご登録された皆様にお送りしております。 

読者登録に心当たりの無い場合、または解除したいと言う方は、

大変お手数ですが、上記登録解除画面よりお手続きいただきたく、

宜しくお願い致します。

■本メルマガは、情報の提供を目的としたものであり、広告・宣伝・

勧誘を目的としたものではありません。

投資の判断は自己責任にてお願い致します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週末  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。