金融・保険

週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜

日本国は破綻寸前・・・!
自分の資産は自分で守ろう!!
日本全体の債務残高は1,000兆円を超え、いつ国家破綻してもおかしくない状況です。日本経済の状況をお伝えしながら、その対策法(資産防衛、資産運用、年金確保)をご紹介いたします!

全て表示する >

◆学資保険を積み立てる方法

2010/04/10

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

週刊!自分年金の作り方!!

〜国家破綻に負けない資産運用術〜         

2010年4月10日号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こんにちは、maruです。


前回号で大学時代の必要資金について解説致しました。

4年間で1,000万円程度は考えておいた方が無難です。

このような大きな資金を、いつからどのように準備すればよいのでしょうか?



2010年4月10日号のメニューはこちらとなります。

◆学資保険を積み立てる方法
◆セミナーご案内
◆編集後記

────────────────────────────────
◆学資保険を積み立てる方法
────────────────────────────────

お子さんの学資保険を積立たいと思っても、

どうしても優先順位が低くなってしまうのではないでしょうか?

生命保険、住宅ローン、老後資金(自分年金)等を考えねばならず、

学資保険の資金はどこかへ追いやられてしまいます。

でも、お子さんに満足いく教育を受けさせようと考えたら、1,000万円程度の準備が必要です。


前回号で、以下のサイトをご紹介しました。

http://money.goo.ne.jp/column/column/page/index45.html

一番下の表7に、運用シミュレーションが掲載されておりますが、

1,000万円に到達しているケースは残念ながらありません。


しかし、年利10%の運用商品であれば、

毎月3万円の積立運用を14年間行えば、目標の1,000万の資金を構築する事が可能です。
(投資元本はなし)

 5年後:約 230万円
10年後:約 600万円
15年後:約1,220万円

少し頑張って毎月5万円の積立運用を行ったとしましょう。

 5年後:約 394万円
10年後:約1,000万円
15年後:約2,000万円

10年後には1,000万を構築する事ができますし、

それ以上の余裕資金を確保する事も可能です。

この余裕資金を老後の生活費として考えることが出来るのです。


残念ながら、”日本国内”にはこのような運用商品は存在しないと思います。



ご紹介したサイトに重要な文章が載っておりますので、引用させていただきたいと思います。

「教育費の準備を早く始めるほど、お子様の将来の進路の選択肢を増やすことができると共に、
教育費で将来的に家計が圧迫されることを未然に防ぐこともできます。」

良好な利回りの金融商品を一早く見つけて、運用開始することがとても重要なのです。



(続きは次回・・・)

────────────────────────────────
◆セミナーご案内
────────────────────────────────

次回のセミナー予定は未定ですが、決定次第、ご連絡したいと思います。


また、個人的に話をお聞きしたいと言う方は、

お気軽に御連絡(メール)いただければと思います。



────────────────────────────────
◆編集後記
────────────────────────────────

春到来で暖かい日が多くなってきました。

桜も地域によっては葉桜となっているのでしょうか?

桜前線は徐々に北上していくのでしょうが、

私は桜前線に合わせた訳でもないのですが、先週・今週と3度も花見に参加しました。


毎度思うのですが、宴会が始まると桜を見ないですよね。

「花より団子」状態なのですが、

桜の風情を感じられる日本人でなければダメだと感じます。

と言いつつ、お酒が入るといつもの調子になってしまうのですが・・・



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

メールマガジン
「週刊!自分年金の作り方!!〜国家破綻に負けない資産運用術〜」

☆発行責任者:maru
☆ブログ   :http://monthly-fund.seesaa.net/
☆問い合わせ:lucky.whitesnake@gmail.com
☆登録解除  :http://www.melma.com/backnumber_182523/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■当メールマガジンは、無料レポートスタンド、メールマガジン登録

サイト等からご登録された皆様にお送りしております。 

読者登録に心当たりの無い場合、または解除したいと言う方は、

大変お手数ですが、上記登録解除画面よりお手続きいただきたく、

宜しくお願い致します。

■本メルマガは、情報の提供を目的としたものであり、広告・宣伝・

勧誘を目的としたものではありません。

投資の判断は自己責任にてお願い致します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-16  
最終発行日:  
発行周期:毎週末  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。