生活の知恵

元気実感の知恵袋(病気も遠のく)

元気実感は常識とは異なるものが多く知らないと命も落としかねないのです。健康本を読めば読む読むほど正反対の意見が多く訳が分からなくなります。実態とポイントを知れば元気実感度をドンドン上げることができます。

全て表示する >

元気実感の知恵袋

2012/10/17

痒いところに熱いシャワーをかけるととても気持ちがいいですが熱いものは皮膚には
良くないと思っている人が多いです。しかし、ちょっと発想を変え自分に合う工夫を
すると、温熱的な痒み対策はかなり使えます。ティータイムを楽しみながら痒みを
鎮めることだってできることもあります。発想を切り替えることができる人は不調や
病気を乗り越えることができる人が多いですが、痒み対策も発想次第です。
この温熱的な痒み対策は一時的な対策ですが、痒みの原因に関係なく、頑固な痒み
を救急的に鎮め日常的ケアにもなる頼りになる方法です。

    
■熱いシャワーが痒み対策になるケース
皮膚が極端に弱くなければ、虫刺され・汗疹・化学物質かぶれ・アレルギー・
アトピー・主婦湿疹等痒み全般に対し熱いシャワーを短時間かけると痒みが気持ち
よくとれるケースがあります。熱いシャワーが合う人の場合シャワーの後しばらく
すると痒いところが枯れてくる感じになるのに対し、皮膚が弱くて合わない人の場合
赤くなったりちょっとした水ぶくれのようになる人もいます。水道水の塩素に過敏な
ケースもよくあり、塩素除去のシャワーヘッドも数千円から1万円前後で様々なもの
が売られており、熱いシャワーが合わない場合でも、塩素を除去するだけでも有効な
ケースも見込まれます。
人により痒みを鎮めるシャワーの当てる時間や温度、回数や流速は異なります。
熱めのお湯をかけ気持ちよく且つその後も痒みが取れ皮膚の状態もいいならどんな
シャワーのかけ方でもいいです。又、痒みがひどいところにはシャワーより通常の
放水でかけると効き目がでやすいこともあります。ムカデやハチ等の極めて厄介な
痒みにも温熱的な対処法は有効です。
    

■ティータイムにできる痒みケア
熱いシャワーの代わりにティータイムやご飯に気持ちのよい温熱的な痒み対策をする
方法もあります。お茶やコーヒータイムにお湯を沸かし、カップの側面に痒いところ
を当てたり離したりすると心地よく痒みが取れてきます。最初は熱いので焼けど
しないように特に注意が必要です。手や腕の痒みがひどい人にはとても便利です。
又急須を置いてその側面にヤケドしないように注意しながら痒いところ当てると、
これまたとても気持ちがいいです。ティーカップや急須を痒いところに当てる温熱的
なやり方は、水道水に含まれる塩素やその他の物質の悪影響がないため、手軽で
良さを実感できる可能性もその分高くなります。
料理や湯を沸かしたり、お茶やコーヒーを飲む時にもヤケドしないように注意を
払っており、この温熱的な痒み対策は、同様にちょっと注意深くやれば済む方法です。
もち手が付いているカップが扱い易いです。最も簡単な温熱的ケアはもち手が
付いているカップに水か冷めた茶を入れ電子レンジでチンとやると熱湯ができ
あがるりとても便利です。熱いご飯をついだ茶碗に当てたり、プラスチック以外の
熱い食器ならなんでもいいです。焼いた熱い餅もじんわりきてなかなかいいものです。

    
■ステロイドの使用量を減らすのに有効
痒みにステロイドの使用は危険との意見もありますが、言われるがままにステロイド
を何ヶ月も常用しステロイド漬けにするからよくないのであって、ステロイドもごく
短期間に活用すれば有効なことはあります。しかし、慢性的な頑固な痒みには
ステロイドも効かないことが多いです。そのようなケースでも、熱いシャワーや
カップ・急須の側面をうまく使うと痒みを鎮めステロイドの使用量を減らすのにも
有効です。アトピー等風呂の後で余計に痒くなることがありますが、弱い皮膚に
ダメージを与えない程度にシャワーで痒みをうまく鎮めてあがると数時間から
半日ぐらいは良さが持続するので、気持ちよく寝付け朝の目覚めも良くなって
くることも多くなります。痒みに良い油や軟膏も色々ありますが、慢性的な
しつこい痒みや酷い虫刺され、汗もには効かないものも多いです。油類の中では、
比較的痒みに強いのが椿油で、重ねて塗ると痒みが引くことがありますが、
その椿油でも頑固な痒みにはあまり効かないこともあります。

    
■■温熱的痒み対策は強力な日常的ケア
痒みを抑えるのに非常に優れる軟膏や薬も、ひどい痒みには効かないことがある
ものですが、温熱的な痒み対策は皮膚が弱くない限り、どんな根深い痒みに
対しても鎮める力があるとの印象をもっています。このため、救急的・一時的な
温熱的痒み対策は日常的な痒み対策にもなります。特に夏場は痒みがひどくなる
ケースが多いですが、温熱的な方法で乗り切るといつの間にか痒みも忘れてし
まっていることもあります。
温熱的な痒み対策で急場を乗り切る一方で、当方が肌の元気実感食の基本として
紹介している玄米全粒粉+オオバコ粉末+小麦胚芽+黒ゴマきな粉等を摂ると
肌の具合も内側から良くなってくる傾向があります。人によってはハトムギや
植物ミネラル、モリンガやミドリ虫を加えると良いというケースもあります。

温熱的痒み対策は簡単で重宝な方法ですが、一般にはほとんど認知されておらず、
痒みで困った時にやってみると発見のある方法だと思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-14  
最終発行日:  
発行周期:毎週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。