生活の知恵

元気実感の知恵袋(病気も遠のく)

元気実感は常識とは異なるものが多く知らないと命も落としかねないのです。健康本を読めば読む読むほど正反対の意見が多く訳が分からなくなります。実態とポイントを知れば元気実感度をドンドン上げることができます。

全て表示する >

元気実感の知恵袋

2012/02/14

お客さんとのコミュニケーションでしばしば思いがけない発見があります。
最近の発見は夏の終わりから秋口にかけて便が出にくくなる傾向があるということです。
主たる理由は果物が途切れがちになるからです。便秘の人だけでなく、毎日通じがある人でも
果物や酵素の力を知っているととても役立ちます。通じを良くするにはミネラル・ビタミン・
食物繊維等も大切ですが酵素が盲点になっています。


■ラジュ・ティーから分かった便秘や通じに季節があること
便秘の場合、通常は玄米全粒粉で9割ぐらいは出るようになりますが、それでも駄目なら
ブレンドハーブティーのラジュ・ティーでほとんど出るようになります。しかし、年に
1,2件それでも出ないという話がでてきます。このため便秘を解消する万能的な食品は
ないと思っていました。
この出ないという話が8月末から10月初めぐらいの限られた期間ばかりであることに気づきました。
10月中旬頃になるとミカン・リンゴ・柿など豊富な果物が登場するため、収穫の秋本番に
なると出やすくなります。


■果物は9月頃が最も少なくなる
10月後半から春近くまではミカンとリンゴが、春は様々な柑橘類やイチゴ、夏は桃・スイカ・
メロン・ナシ・ブドウと続きますが、9月頃が果物の食べる量が減る傾向になりがちです。
9月頃にも夏の果物はありますが、ミカンやリンゴのように常時食べるという果物がなく、
夏の終わりは食べる量も減る傾向にあるようです。


■9月頃は夏バテで胃腸が疲れやすい
ミカンやリンゴが終わる春先の5月頃も果物を食べる機会が少なくなりますが、9月頃より
果物は多いようです。5月頃にラジュ・ティーを飲んでも便秘が解消しないという話は
いまだ聞いたことがないです。理由は5月頃は柑橘類が色々あること、又春は胃腸が
元気であるのに対し、夏の後半から秋口にかけては夏バテで胃腸が疲れて出にくく
なっている状況があるようです。
食欲の秋と言われる理由は、収穫の秋・涼しくなって食欲が出てくる秋だけでなく、
消化・吸収を促進する酵素を豊富に含む果物がたくさんでて食欲が増すことが大きく
関係しています。


■果物・生野菜・発酵食品の酵素実感比較
食前1時間以内に果物を食べると、食後の消化の良さを実感することが多いです。
食後より食前の果物の方が消化の実感度は高いです。果物・生野菜・発酵食品の
消化力では一番が果物、二番が生野菜、発酵食品といった感じだと思います。
納豆を食前に食べても果物ほどの消化力はないようです。少量食べて最も消化や
スッキリの実感度の高い食品は玄米酵素ですが、余分に食べ過ぎると玄米酵素でも
難しくなります。


■手作り人参ジュースが好まれる理由
生の人参を買ってジューサーにかけ人参ジュースを飲む人が結構います。人参ジュースを
作るにはかなりの手間とお金がかかりますが、自家製の人参ジュースで体調がいい人が
少なからずいます。市販の瓶詰めのジュースは全て過熱処理されているので酵素はなく
なっています。自分で作るジュースは酵素たっぷりで、酵素の良さがあるため手間の
かかる人参ジュースですが結構人気があります。
ガン治療で知られる「ゲルソン療法」も中心は生の人参ジュースをたくさん飲むことです。
人参にはビタミンやミネラル、抗酸化物質がたくさん入ってますが、酵素も生には
たくさんあります。ガンは微量な栄養素欠乏症、つまりミネラル・ビタミン・食物繊維・
抗酸化物質不足が多く、同時に酵素欠乏症であることが人参ジュース療法からも分かります。


■便秘に万能食はないが近づけることはできる
便秘には万能食はないと思った方が良さそうです。最も出す強制力が強いのが下剤、
次に強そうなのがセンナ茶でこれも長く続けると大腸内の色素沈着や蠕動運動の機能低下を
きたしがちです。ステロイド剤を長く使うと副腎機能が落ちるように、下剤的なものに
長く頼ると腸の機能が落ちる怖い現象になりがちです。

果物・生野菜・発酵食品摂取で酵素補給力を増し自然に出すことがとても大事です。
新聞等に出ている市販の様々なスッキリ茶や、玄米全粒粉やラジュ・ティーに果物等で
酵素補給を絶やさないようにすると万能食に近づけることができそうです。
毎日出ている人も酵素補給がいいと出も一層よく調子も上がってきます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-09-14  
最終発行日:  
発行周期:毎週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。