語学

5分で鍛える英会話GYM 【トロント直送のネイティブ英語】

二十歳以降の外国語学習はスポーツと同じ。日々の地道なトレーニングが欠かせません。TOEICは良くてもスピーキングが不安、電話会議が怖い、留学先で英語が通じず愕然・・・。そんなあなたに、ネイティブが実際に使う口語表現をカナダ・トロントからお届けします。目指すは「通じる英語」「英語らしい英語」!

メルマガ情報

創刊日:2009-08-05  
最終発行日:2018-11-08  
発行周期:週刊  
Score!: 93 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

5分で鍛える英会話GYM 【トロント直送のネイティブ英語】

2018/11/08

当メルマガ発行会社であるQLS(Quality Life Seeker)は、
カナダへ留学・就職・移住を計画する人のサポートの一環として、
ネイティブが実際に使う口語表現をカナダ・トロントからお届けします。


**********************************************************************


"come down with" 、 "come down to"  


**********************************************************************

今回の表現は "come down with" 、 "come down to" です。
いずれも "come down" を使っていますが、
この2つは 前置詞の違いで全く意味が異なります。
それではいつものように例を見ながら学習していきます。 
 (該当箇所を便宜上、大文字で示しています。)

(例文1)
友達との待ち合わせの場所での会話を思い浮べて下さい。

A: "Do you feel cold here?"

B: "No, I don't. It's rather warm actually. Well, do you?"

A: "Well, I feel chilly. I might BE COMING DOWN WITH a cold or something."

B: "Well, you want to wait inside?" 

A: "Do you mind?"

B: "Of course not. Let's go." 

A: "Thanks."


A: "寒くない?"

B: "全然。むしろあったかいと思うけど。"

A: "ちょっと寒気がする。風邪でもひいたのかな。"

B: "中で待つ?" 

A: "いい?"

B: "もちろん。入ろう。" 

A: "ありがとう。" 
 
それでは次に、 "come down to" の例を見てみましょう。

(例文2)

会社で今後の投資について話をするシーンを思い浮べて下さい。

A: "So what do you think?"

B: "Well, don't get me wrong. I don't disagree with investment in general. 
However, I am not sure of these investment plans for the next five years. 
Especially, this totally new business I see here is very questionable, I find. 
Looks like there is no demand and we are creating demand. 
Are we really ready for this?" 

A: "Well, I totally understand your concern. This basically COMES DOWN TO 
more like a chicken-and-egg issue. Demand comes first or money comes first. 
However, we were successful in implementing very similar projects in the past, 
though those were in different industries. But again, we all know that 
we should have to take a certain risk to be successful in any market. 
I think everyone agrees with that."

B: "OK, if that is the case, then go ahead. Let's do it."


A: "どう思われますか?"

B: "うーん、誤解のないように言っとくけど、投資自体には特に
反対するつもりはないんだ。ただ、この五ヵ年計画の投資にはちょっと
賛成しかねるかな。特にこの全くの新規ビジネスはなんとも言えないね。
これって現時点では需要がなくて、うちが需要を作り出すってことだよね。
これって本当にできるのかな?" 

A: "懸念する気持ちはよくわかりますが、結局、鶏が先か、卵が先か、でして。
つまり需要が先かキャッシュが先かってことですよね。とは言っても、うちは
分野は違いますがこれに似たプロジェクトをしっかり成功に導いた実績があります。
皆さんも同意されると思うんですが、どんな市場でも成功するためには
リスクはつきものですよね。"

B: "オーケー。そういうふうに皆が思っているならやりましょう。"
 
・・・もうおわかりですね。

"come down with" は「(病気に)かかる」という意味、

"come down to" は、「要するに(結局は)〜になる」という意味です。

形は似ていますが、混同しないようにしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

留学から始まるカナダ移民サポート
英語・フランス語の2ヶ国語を勉強しながら、国際的に通用するスキルを身につけてカナダ永住権もゲット。
憧れの海外留学、海外移住は今ケベック州モントリオールで実現します。
QLS Educationが充実したサポートを提供しています。
www.qlseducation.com
https://twitter.com/QLSeducation
https://www.facebook.com/qlseeker
http://ameblo.jp/qlseducation/

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

5分で鍛える英会話GYM 【トロント直送のネイティブ英語】、
↓復習は下記ウェブサイトの「Archive」でどうぞ(過去10回分のみ掲載)。
http://www.qlslanguagegym.com
※当メールマガジン掲載の広告は、配信会社によるものです。ご了承ください。
当メルマガのバックナンバーも上記ウェブサイトにてご覧いただけます。
Copyright (c) 2018 QLSeeker Canada Inc.

最新のコメント