投資

どなたでも稼げる投資・資産運用♪★投資・資産運用の時代★

稼げる投資、資産運用の方法(セミナー)の情報や、海外口座の情報なんかをお伝えしています♪
成功者に、勝ち組になりましょう。

全て表示する >

投資・資産運用・海外口座情報♪

2009/08/06

こんにちは。
今日はちょっとわかり辛いかもしれません。
説明が下手ですいません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


今、経済の破たんや格差社会といわれている時代なんですが、
昔は1980年代後半から、1990年前半までバブルという時代がありました。



今とは違って、どういった時代だったかというと、みなさんが一緒のような収入というか、そのなかでも大きな収入がある方、そこまでの収入がない方もいたんですけれども、それでもあんまり大きな格差というものはなかったんですね。



全ての方がみんな一緒なぐらいお金を持っていたりとか、一緒のように生活をしていて、
そういうような時代だったんですけれども、今から12、3年前ぐらいから
アメリカが格差社会になってきたようにですね、日本というのは、
いわゆる勝ち組、あと負け組み、南国で遊んでいるような人から、毎日満員電車に乗っているような人っていうように、ほんとに収益だけでなく基本的に勝ち組、負け組みとはっきりしてきている、中間の方がいないような時代になってきています。


大企業に勤められて大きな収入をもたれている方から、そこまで収入を得ていない方、
サラリーマンの方でも年収180万ぐらいしかなくて、地元の団地に住んでいるような、
それが、いいとか悪いとかじゃなくて、こういった格差の社会が生まれてきています。


ほんとに、東京の方では池袋の地下道とか、ホームレス住宅とか呼ばれているように。
ホームレスがどんどん増えているじゃないですか、ああいった方々も正直な話、
じゃあ10年前20年前30年前に。失礼な話なんですけれども、
ホームレスとかをしている方々が10年後20年後に自分がホームレスをしていると思っていたかというと、それはちがうとおもうんですよ。


俺はまさかホームレスなんてやらないだろ。と思ってるとおもうんですけれども、
実際にそういった方々もホームレスになっていることもありますので。
なので、そういった時代がきて格差がどんどん開いていくんじゃないかなと、そういった日本になっていくんじゃないかなと思います。悲しい話ですけどね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


次は成功者の時代背景という形で、まぁどういった方々がその先ほど言った勝ち組というもの、金銭的な面とか精神的な面ではなくて、精神的な面というとなんか、家庭があるとか、愛情があるとか、そういったものではなくて、金銭的な面での成功者というものが時代時代によって代わってきていますよという話をしていきたいとおもいます。




昔の日本といえば高度経済成長のとき(1955年〜1973年ぐらいまで)、
ほんとに、世の中で車であったりとか、製造業ですね、電化製品だったりとか、まぁそういったものっていうのを作っていく、こういう製造業の方々がものすごく急成長されたんです。製造業の企業です。製造業の方々っていうのが成功を収めてきました。
けど、今現在に製造業を始めて、車の企業を作ろうとか思っても、みなさんの頭でちょっと考えてもやっぱり無理だなぁって思うじゃないですか。



けど高度経済成長の時代(昔の日本)のときはこういった方々が儲かってきました。
当然そういった時代になっていくとものすごく世の中で製造業をやられる方々が増えてきたんです。
そうするとどういうふうになるかっていうと、世の中で物が、溢れてしまったんですよ。
そうすると、物を作るんですけど、ぜんぜん販売できない世の中になっていったんですね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


次に昨今の日本にどういった方々が成功したかというと、ぁ情報化社会といわれるように、いち早く情報を仕入れて人に提供できる方々というのがすごく儲かったんですね。



例えば六本木ヒルズなんですが六本木ヒルズを象徴するようにITですね、
インターネットを使って情報を配信する、あとは物があふれている時代ですので、
物を販売できる新しい仕掛け作りをされた方、通信販売であったりとか、
あと訪問販売なんかもちょっと前までそうでしたね。
あとはインターネット販売だったりとか、そういったかたちでなにかしらで販売する法則というものを見つけた方が、こういう方々がものすごくお金を持たれたのかなと思います。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


次にこれからの時代。
今の時代、情報が溢れ出していて、金融政策であったりとかそういったことになって、
じゃあ近い将来に今現状で儲かってる商売をやっていてもしょうがないんですよ。
もう時代的に遅いんですよね。今流行っている商売をやっても遅いんですね。



じゃあ今後日本はどういった国になっていくのかと考えたときに、
間違いなく投資とか運用というものをやっていった方々がお金というものを取っていくんじゃないかと思います。残すはここしかないんじゃないかなぁと。



まぁアメリカも金融大国という風にいわれているように、10数年前、金融っていうもの、経済というものが前にどんどん出てきていました。
しかし今はリーマンショックだったりとか金融ってものがガタガタで、経済が落ち込んできています。



しかし今後の日本に限って言ったら、こういった投資とか運用というものを商売にしていくような、個人的にも投資とか運用というもの、そういうものをしっかりと考えていける方々が、金銭的に豊かになっていくんじゃないかなと。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


今後みなさん自体がどういったものを選択していくのか。
どういったものに影響していかないといけないのか、そういうふうに考えたときに、
投資、運用なんじゃないかなと。



そういったことで、今みなさん方がどういったことを考えていくのかが一番大事なんです。
始める始めない、やるやらないとかじゃなくて、どういったものに興味をもっていくのか、今後みなさん方が生活していくうえで、なにかしらに興味をもっていくとおもうんですけども。



その興味の一つとして投資・資産運用に興味を持っていかれたらいいんじゃないかなと思います。




今日はここまでです。
ありがとうございました。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-07-16  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。