トップ > エンターテイメント > 雑学 > ○月○日 今日は何の日?

○月○日 今日は何の日?

RSS

一年365日 その日にまつわる世界の歴史上の事件・出来事・この日生まれた有名人を数行のミニ記事にまとめてメール配信。通勤中の暇つぶし、雑談のネタ仕入れに



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2009-10-05
発行部数:
22
総発行部数:
79
創刊日:
2009-07-10
発行周期:
日刊
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

2009年 7月11日 土曜日 年始から192日目、年末まであと173日。

真珠記念日 この日初めて真珠の養殖が成功した。

できごと

1405年(明永楽三年)中国・明代の提督、鄭和の艦隊が7度の大航海のうち最初の航海に向け蘇州を出航。彼の航海は永楽帝の命による国家プロジェクトで、艦隊は総数240隻、人員2万7400名の壮大な規模だった。この2年あまりの第一次航海で、彼の艦隊はマラッカを経由し、1407年初めにインドに到達した。
鄭和の航海の公式記録は「鄭和出使水程」という記録に編纂され、宮中の資料庫に保管された。これは船団の編成、名簿、航海日誌、会計などの記録を網羅した膨大なものだったという。しかし数十年後の成化年間(1465-1487年)に当時の皇帝が調査させたところそっくり紛失しており、理由は現在も謎とされている。一説には航海の巨額の費用が国家を衰退させることを憂慮した者が、同様の大航海の準備資料とされないようひそかに持ち出して焼却したともいう。

1735年 冥王星の軌道が海王星の内側に入り込む。この現象は約250年周期で不定期に発生を繰り返し、約15年から20年継続する。

1776年 ジェームス・クックが3度目の探検航海に出航。彼はこの航海の途上でハワイの原住民に殺害され、二度とイギリスに戻ることはなかった。

1804年 当時のアメリカの現職副大統領、アーロン・バーが政治的名誉を害されたとして、彼の長年の政敵だった財務長官アレクサンダー・ハミルトンに決闘を申し入れた。立会人のもとでニュージャージー州の森の中で行われた拳銃による決闘で、ハミルトンが腹部を撃たれて死亡。バーは副大統領在職のまま殺人容疑で告発されたが無罪となった。
当時の米国では決闘はあまり珍しいことではなく、ハミルトンの息子は2年前にやはり決闘で死亡している。

1848年 ロンドンのターミナル駅の一つ、ウォータールー駅が開業。  
ロンドンにはロンドン駅というものがなく、各方面に向かう路線のターミナル駅の集合体が一つのグループを形成している。

1859年 チャールズ・ディケンズ作の小説『二都物語』が発売される。 
フランス革命を背景に1人の女性と2人の青年の運命の変転を描く長編小説で、現在までに世界で2億冊を売り上げている。
 
1893(明治26)年 御木本幸吉が真珠の養殖に成功
三重県のうどん屋に生まれた御木本幸吉は20歳で東京見物に出かけ、横浜の第3回内国博覧会で初めて真珠を見る。この博覧会で箕作佳吉博士から真珠は人工で養殖できるかもしれないと言われ、彼はその養殖を決意した。赤潮で貝が全滅するなど苦労を重ねるが、明治26年に彼の長年の努力はついに報われ、世界初の5粒の人工真珠が採取された。 
それまでは真珠アラビアの紅海沿岸、特にクウェートで産出され、同国の重要な輸出品となっていた。御木本の成功でクウェートの真珠漁業は壊滅し、窮地に立ったクウェート国王は外国資本の石油探査を許可し、これがクウェートを産油国にする契機となった。

1897年 スウェーデンの探検家、サロモン・アウグスト・アンドレーが水素ガス気球で北極点への飛行を計画し、2名の仲間とともに北極圏のスヴァールバル諸島から離陸、そのまま行方不明となった。33年後の1930年になって3人の遺体が発見され、同時に発見された日記や写真から7月14日に気球が流氷上に不時着したこと、徒歩で帰還を試みたものの10月になって3人とも力尽きて死亡したことが判明した。最後の日記の日付は10月17日だった。

1921年 清国の一部であった外モンゴル地域にソ連の支援を受けた人民政府が成立し、中華民国から実質的に独立した
 
1950(昭和25)年 労働組合の全国連合組織であった総評(日本労働組合総評議会)結成。一時は全組織労働者の36%が総評傘下にあったが1989年11月に解散。

1957(昭和32)年 升田幸三九段が当時の将棋界三タイトル全てを制し、初の全タイトル制覇達成。

1962(昭和37)年 戦後初の国産旅客機・YS-11の試作機1号機が三菱小牧工場で完成

同1962年 創価学会が公明党の前身・参議院院内交渉団体公明会を結成 

同1962年 前日にアメリカが打ち上げた初の通信衛星・テルスター1号が、パリからアメリカへの大陸間テレビ中継に成功した

1968(昭和43)年 「週刊少年ジャンプ」創刊号発売。 執筆者は赤塚不二夫、貝塚ひろし、永井豪、望月三起也、楳図かずおなど。 創刊号の発行部数は10万5000部だったが、永井の「ハレンチ学園」や本宮ひろ志の「男一匹ガキ大将」などがヒットし、2年後には部数100万部に急成長した。
永井豪は週刊少年チャンピオン・ヤングジャンプ・ヤングマガジンの創刊号にも名を連ねている。

1978年 液化ガスを積載したトラックがスペイン・カタロニアのキャンプサイト付近で爆発事故を起こし死者216人

1979年 計画上の耐用年数経過後、無人のまま軌道を周回していたアメリカの初の有人宇宙ステーション「スカイラブ」が地球に落下。地球上のどこに落下するかが世界で話題となり、サンフランシスコの新聞社はスカイラブの破片を最初に持ち込んだ者に1万ドルの賞金を出すと広告した。オーストラリアの17歳の少年が自宅の屋根で見つけた破片をサンフランシスコに届け、賞金1万ドルをオーストラリアに持ち帰った。

同1979(昭和54)年 日本坂トンネル事故。静岡県内の東名高速日本坂トンネル内で玉突き事故、車両173台が炎上し死者7人。 

1982年 カンボジアで民主カンボジア連合政府が発足 

1987年 国連によると、世界人口はこの日に50億人を突破した。ユーゴスラビア(当時)のザグレブで生まれた男児が50億人目と認定された。60億人を突破したのは1999年10月12日で、わずか12年で10億人が増加したことになる。

1989(平成元)年 黒人差別を助長すると指摘され、カルピスがいわゆる「黒人マーク」の廃止を決定。ドイツ人デザイナーの作品で、大正12年に制定されたものだった。

1991(平成3)年 「悪魔の詩」翻訳者刺殺事件
「悪魔の詩」日本語版の翻訳者・五十嵐一筑波大助教授が筑波大構内で何者かに刺殺された未解決事件。同作品はイギリス人作家が預言者モハメッドの生涯を題材に書いた小説であるが、モハメッドを冒涜するものとして発売直後からイスラム社会の反発を受けた。さらにイランの最高指導者ホメイニ師より著者及び出版関係者に対する死刑宣告が発せられ、イランの某財団より処刑の実行者には数億円相当の褒賞金が与えられることが全世界に向け告知されていた。
日本以外でも、イタリアやノルウェーで同書の翻訳者が何者かに襲撃され重傷を負う事件が起きている。

1995年 スレブレニツァの虐殺 
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にボスニア・ヘルツェゴビナのスレブレニツァで大量虐殺事件が発生。セルビア人武装勢力により推計8000人のイスラム系住民が組織的に殺害されたとされる。

同1995年 アメリカとベトナムがベトナム戦争後、正式に国交回復

2006年 インドのムンバイで列車爆破テロ。209人が死亡 

2008年 アップル社のiPhoneがソフトバンクより発売。

誕生日
1934年 ジョルジオ・アルマーニ 75歳
1962年 藤井フミヤ 47歳
1975年 葉月里緒奈 34歳

忌日
1937年 ジョージ・ガーシュウィン 

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ニコチンおじさんスモーキング

    最終発行日:
    2010/02/13
    読者数:
    25人

    お笑い芸人ニコチンおじさん情報やコラムをお届けするメルマガです。

  2. 『灰になるまで恋を・・・愛蔵版』

    最終発行日:
    2009/10/17
    読者数:
    28人

    W不倫中ではありますが、愛することで満たされたい・・・。 淫らさの中の貞操を慕えに「愛の証」を本音で綴っていきたいと思っています。 『生は体が生きること・・・性は心が生きること・・・』

  3. 何も知らない庶民が会社の社長になれるか!?

    最終発行日:
    2011/11/05
    読者数:
    26人

    苦しい生活を強いられる庶民。これといった特技も何もない男が、いろいろな経験を経て会社の社長になれるかというドキュメンタリー日記。経済に絶望している人々よ、少しずつでもいいから共に未来を見ていこう!

  4. ITビジネスレビュー

    最終発行日:
    2010/08/15
    読者数:
    32人

    コンサルとして数々の企業、現場を見てきた現役ITコンサルタントがITビジネスにおける最新技術動向、ビジネス視点などを中心にお送りします。

発行者プロフィール