経営

会社を倒産させないために!!事業再生のキモ

中小企業経営者の笑顔と幸せを取り戻すために、中小企業の事業再生を分かりやすくお伝えしていきます。経営危機に陥っても諦めてはいけません。会社を立て直したい、資金繰りを楽にしたい、とにかくなんとかしたいという中小企業経営者様を応援します。

メルマガ情報

創刊日:2009-07-09  
最終発行日:2018-08-27  
発行周期:日刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

取引データを元に「利率」と「貸出限度額」を判断するオンラインレンディング

2018/08/27

こんにちは。瀬間です。

相変わらず暑いですね...



今回は、
AI(人工知能)を活用した融資の一つである、
「トランザクションレンディング」について、
解説していきます。



■■【初心者向け】WordPressサイト作成講座■■

今月から、WordPressを使った
ウェブサイト作成講座をスタートしています。

この講座では、パソコンを使って、
WordPressを使用したウェブサイトを作りますので、

ウェブサイトの作成方法を1から学ぶことができ、
帰る時には自分のウェブサイトができてます!

>> https://create-express.net/lp/blog-beginner/
 (早速お申込み頂きました!)

■■-------------------------------------■■



■トランザクション・レンディングとは

トランザクションレンディング
(Transaction Lending) とは、


プラットフォームを運営する事業者
(ECモール、ネット決済代行、クラウド会計ソフト等)が
持っている取引データ(売上実績)を元に

AI(人工知能)が審査を行い、
融資をする仕組みのことをいいます。


取引データ(売上実績)という
客観的なデータを元にして

「利率」と「貸出限度額」を判断するため、

決算書の提出を必要としない場合が殆どです
(決算書の提出を求めてくる事業者もあります)。



【トランザクションレンディングとは】

 ・トランザクション(Transaction)=処理、売買、
 ・レンディング(Lending)=貸し出し、融資、

という意味です。




■トランザクションレンディングと一般的な融資の違い

一般的な法人向け融資は、
決算書の提出や来店による面談が必要となり、
審査にも時間がかかります。


トランザクションレンディングは、
プラットフォーム利用時に
蓄積された取引データを元に、

どれぐらい売上があるのか、
売上の伸び率はどうか、
顧客の評価はどうかというデータをもとに、
AIが審査を行います。


そのため、融資審査期間が非常に短いのが特徴です。


全文を読まれる時は、下記をクリックして下さい。

⇒ https://blog.davinci-partners.com/?p=4479


最新のコメント

  • コメントはありません。