メンタルヘルス

うつの家族の会 みなと:「生きる目的は、幸せを体験する事」

うつのご家族自身にもケアが必要です。

そしてご家族が心身共に健康でいることが、うつご本人の回復にも役立ちます。

このメルマガで、情報や、楽しい話、役に立つ話をお送りしたいと思います。

みなとは、 「皆と」、の意味です。
どうぞお一人で悩まないでください。


全て表示する >

【必要なのは「倍返し」? それとも「伝え返し」? 平間正彦先生の「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」からお届けします!】

2013/12/30

では、12月8日の平間正彦先生のセミナー「家族同士だからこそ必要な傾聴力と質問力」の続きをお送りします。


前回のメルマガで、
「あなたの話を聴いていますよ」、と言うメッセージを体全体で現す事が重要で、

それには、「うなずく」ことを忘れないでくださいね、とお伝えしました。


平間正彦先生からは、セミナーの中で、
まずは、形からでもいいので、相手の話に合わせてうなずいてみて下さい。と伺いました。


まだちょっと、うなずけていないな、と気づいた皆さんは、この「かたち」から入るのがいいのかも知れないですね。



もう一つ、傾聴力を強化するポイントに、「伝え返し」が大切だと言うことを学びました。
「倍返し」ではありませんよ。 念のため(^-^)



平間先生には、ここでもう一つ大切な事を伺いました。
それは、女性と男性では、同じ話すという事でも、根本的に違うと言う事です。

女性は、「まず話したい」
男性は、「すぐに解決したい」動物なのだそうです。


この違いを知った上で、
まずお互いに、体全体で相手の話を聴く事を意識して行きたいものですね。



平間先生から、コミュニケーションとは、「相手の意欲を引き出す事」だと伺ったと、前回のメルマガでお伝えしましたが、


家族同士だからこそ、いいコミュニケーションをはかるためには、

相手の話を体全体で聴き、うなずくことを忘れない。

そして、相手が考えて答え貰いやすい質問をする。



最小限これだけは、押さえておきたいですね。


そして、今まで多くの方のお話を伺って感じていることに、
女性に多いように思うのですが、話をし始めると、切れ目なく立て板に水のように、話を続ける方がいらっしゃいます。


これでは、うつご本人も含め、他のご家族は話したくても話す隙間すらありません。


平間先生にも伺ったのですが、
20対80の法則: 自分が20、相手が80のバランスを考えて話す。
そして、きっかけを作ったら徐々に相手に話をしてもらう、この事を覚えておくと、家庭の中でも、誰かだけが弾丸の様に話続け、他の家族は聞くばかりで、その内に 話すことを諦めてしまう、そんな事がなくなるのではないでしょうか?


自分が話した後は、次に相手が充分話すのを体全体で聴くようなつもりで、聴く側に徹する位の気持ちが良いのかも知れませんね。



この他にも書き切れない程の中身の濃い話を伺う事ができました。



セミナーの最後に、平間先生から、不登校のお子さんの専門家でいらっしゃる、長田百合子先生のお話を伺いました。


他人と過去は変える事はできない。
特に、過去を変える事はできない。


確実に変える事ができるのは。自分と家庭だと伺いました。



そこで、長田百合子先生の言葉をご紹介頂きました。

どんなに世の中が変化しても、何が起こっても、
家庭内教育がしっかりできれば必ずいい子は育つ!
子どもの無限の可能性を信じ切る!!



ご本人がうつになられたのは、家庭環境やご両親のせいだとは申しません。
ただ、ご本人の回復には、家庭環境や、ご両親の関係性を見直してみる事が必要な場合もあるように、平間先生のお話を伺いながら思いました。


当日は、そんな深いから、ご参加者の質問を受けて更に奥深いお話まで伺ったのです。




そして、セミナーが終わって帰宅すると、既にお礼の長いメールが届いていました。


200%満足しました。 こんな素晴らしい内容のセミナーを開催して貰い、感謝しています。

そう、書かれていました。


会場にご夫婦お二人して参加して下さったご家族の方がいらっしゃったのですが、セミナーの会場を出られた時に、ご主人が、奥さまに「かばんを持とうか?」と声をかけられたそうです。


その一言に、奥さまは本当に感激なさったそうです。


私も、ご主人の姿勢は素晴らしいな、と感動しました。・



セミナーで伺って感じられた事をすぐに実践する。これは一言で言う程簡単な事ではありません。


セミナーで学んでも、そこで終わってしまい、実際になさってみることは簡単でないことは私にも良く判ります。


でも、何か一つでも実行に移して変えていかないと、何も変わっては行きません。


ぜひ、セミナーに参加なさった方は、これはぜひやってみようと思われた事を
継続してなさってみて下さい。


そして、このメルマガで、なるほど、と思われた事も、ぜひ実行なさってみて下さい。


そして、参加者の皆さんの熱心さに感動なさった平間先生が、来年も伺いますよ、と言って下さいましたので、
ぜひ次回は、会場にいらして平間先生のお話を生で聴いてみて下さい。


気づかれる点がたくさんおありになると思います。




では、今回も長くなりましたが、
最後までご覧頂きましてありがとうございました。


ここ数年お伝えしている言葉になりますが、
いろいろと日頃抱えていらっしゃる悩みや、不安、悲しみなどを、
一旦棚上げして、年末年始どうぞいい時間をお迎えください。


いい時間を過ごした後に、棚上げしていた悩みや、不安、悲しみをまた見つめ直すと、以前とはまた違った捉え方ができるように思います。



このメルマガのタイトルは、「生きる目的は、幸せを体験する事」ですが、
私たちには、幸せになって良いのです。


どうぞそれを忘れないで下さい。



では、また新しい年に、新しい気持ちでこのメルマガをお届けしたいと思います。


皆さんお一人お一人に、幸多い一年が必ず訪れますように(*^_^*)






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-07-08  
最終発行日:  
発行周期:週に1度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。