経営

「儲かる社長の右腕講座」

400社以上の中小企業を見てきた筆者が贈る基本に徹した経営の極意!儲かる会社の条件は組織・マーケティング・財務のバランスですが、その取り組み方に苦しむ経営者も多いはず。事業再生コンサルから右腕不在の経営者に向けた実践ノウハウ集です。


全て表示する >

「儲かる社長の右腕講座」

2009/06/10

はじめまして。

トリニティアクト代表の 梯 智紀(かけはし とものり)です。

このメルマガは、

「儲かる会社にしたい!」

「外部環境に左右されない会社にしたい!」

「競合他社に差をつけたい!」

「強い組織にしたい!」

・・・など、前向きな目標をもつ中小企業の経営者の皆さまに贈る、

経営サポート講座です。


さて【創刊号のテーマ】は次のとおりです。


【1】自己紹介

【2】中小企業に足りないもの

【3】編集後記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【1】自己紹介

【2】中小企業に足りないもの

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

改めまして皆さん、こんにちは!

僕は都内で事業再生のコンサルタントをしている

梯 智紀(かけはし とものり)です。


1973年生まれで今年36才になります。


今は独立して事業再生の仕事をしていますが、

これまでの略歴を言いますと某金融機関での審査業務と

会計事務所でコンサルタントとして中小企業の経営を

支援する仕事をしていました。


唐突ですが、みなさんの会社は儲かっていますか??


この不況ですから、儲かっていないとおっしゃる方の

ほうが多いのかもしれません。


実際、日本には会社が260万社あるそうですが、

その7割が赤字だと言われています。


僕はコンサルタント時代に70社以上の中小企業の

経営支援に、また、融資審査では300社超、金額ベースで

総額1,000億円超の案件をみてきました。


仕事上いろいろな会社をみていると、同業でも

業績が安定している会社、不安定な会社などさまざまです。


なぜ同業なのにこうも業績が違うのか。


営業のかけ方、コスト構造、利益率の違いなどは

社長の話を聞いたり、決算書をみればすぐにわかります。


でも、もっと根本的な何かが原因ではないか?


僕はずっと考えていました。


考えて、考えて考え抜いた結果、

ようやくひとつの結論にたどり着きました。


それは“組織”の在り方に根深い問題があるのだと。


企業経営の悪化への道のりは対策を怠っていると、

徐々に、しかも確実にやってきます。


そこで、どの時点で気付くのか、その次に、

どのように対処していくのかが重要に

なってきます。


いろいろな会社を見てきたなかで

中小企業と大企業との決定的な違い、

儲かる会社とそうでない会社との間にある深い溝は、

 
問題の解決能力の差


にあるのではと僕は考えています。


そして、この問題の解決能力を支えるものこそ、

“組織”なんだと。


中小企業は、知名度の問題等があり、なかなか優秀な

人材を獲得できないと聞きます。


優秀な人材が集まらないからノウハウの蓄積もないと。


そのような中小企業の事情を踏まえて、僕はこう考えます。


人材が集まらないなら、人材を育てていけば

良いじゃないか。


事業が再生するというのは、自律的に組織が機能する


状態を指すんだという僕なりの個人的な思いがあります。


それは、攻めとしての営業と、守りとしての管理が

経営上、合致することで初めて実現するのでは

ないでしょうか。


しかし、特に中小企業は会社の規模や、資金的な理由から

管理部門が軽視される傾向にあるようです。

 
◆経営企画部門

 ◆財務部門

 ◆与信管理部門・・・など


僕はコンサルタント時代に、70社を超える会社に

組織改革をベースにした徹底的な経営改善を指導し、

数多くの会社で大幅な業績改善という具体的な成果を

出してきました。


中には営業利益が前年比3倍になった会社や

前期に20%減となった売上高を180%増にした

会社もあります。


しかし、そのほとんどが基本の積み重ねの実践です。

何も難しいことや奇をてらったことはやっていません。


実際に会社を動かすのは、最後は人(=組織)ですから

どう動いてもらうかということに神経を注いできました。


このように、組織を軸にしてほんの少し工夫を加えるだけで、

かなりの中小企業が黒字化できると僕は信じています。


それも基本の積み重ねだけで、です。


ただし、黒字化の条件としては


経営者のやる気

従業員のやる気

両社の信頼関係


これが出来ない会社は絶対に再生できないと断言します。


・・・ということは、

どこまでいっても最後は組織の問題に行き着きます。


それが解決して(または同時進行で)具体的な戦略や

戦術が必要になってくるのです。


僕は中小企業に圧倒的に不足していると思われる

ノウハウを提供していくことが、自分の使命だと

思っています。


あとはノウハウをそれぞれの会社にあった形で

吸収していくことによって、多くの中小企業が

強い組織に生まれ変わっていくことを願っています。


昔から言われることですが、

やはり経営に王道はありません。


今回、僕のメルマガを通じて皆さんと知り合えたのも

何かの縁です。


この縁を大切にして、経営に活かせる、経営に役立つ

知識や知恵をお届けしたいと考えています。


これから長いお付き合いになることを期待しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【2】編集後記

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


最初ということで、自己紹介を兼ねつつでしたので

少々長くなってしまいました。


また、内容が少し道徳的なものになってしまった点も

ご容赦ください。


今後は、週に1〜2回の発行ペースで、

1,000文字程度のコンパクトな文章を心がけます。


内容としては、

マーケティング・財務・組織・与信管理・事業再生等

とにかく中小企業の経営に有益なものに絞って情報を

発信していきます。


僕はコンサルタントという職業は、つまるところ

人をつなぐ仕事だと考えています。


たまたま、僕の名前も”かけはし”ということで、

橋渡し役を担っていきたいと思いますので、

何卒よろしくお願いいたします。


それでは、最後までありがとうございました!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-06-07  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。