時事・世論

裁判員ネットメールマガジン

市民の視点から、裁判員制度についてのあるべき姿とは何かを模索するメールマガジンです。

全て表示する >

【裁判員ネットメールマガジン】裁判員制度のいまを深め、考える〜第12回裁判員制度フォーラム5月17日(日)東京

2015/04/29

Today's INDEX ---------------------------------------------------------
[1] お知らせ
 ・第12回裁判員制度フォーラム「市民から見た裁判員裁判」
 (5月17日(日)開催@東京・日比谷)
[2] スタッフコラムから
 ・司法通訳の現状を聞いて
-----------------------------------------------------------------------
こんにちは。裁判員ネット編集部の坂上です。
まず東日本大震災にて被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
また被災された方々の支援、被災地の復興に向けて日々懸命に活動されている
多くの皆さまに、改めて深く敬意を表します。

まもなく裁判員制度が始まって6年が経過します。これまでに裁判員候補者は
累計197万人以上にのぼり、これは有権者の約53人に1人が既にこの制度に関与
していている計算になり、誰もが裁判員制度に関与する可能性は高まりつつあ
ると言えます。
裁判員ネットでは、制度開始当初から裁判員裁判の傍聴(裁判員裁判市民モニ
ター)を行い、私たち市民の視点から裁判員制度を検証する取り組みを行って
きました。
そこで来る5月17日、裁判員ネットは第12回裁判員制度フォーラムを開催しま
す。このフォーラムでは裁判員裁判の現場で得られた情報や、今まで見えてこ
なかった課題を会場の皆さんにお伝えし、裁判員制度のいまを会場の皆さんと
共に深め、考える機会にしたいと思います。
どうぞお気軽にお越し下さい。

─┬─────────────────────────────────
 1│イベント
  │------------------------------------------------------------------
  │・第12回裁判員制度フォーラム「市民から見た裁判員裁判」
  │ (5月17日(日)開催@東京・日比谷)
─┴─────────────────────────────────
裁判員ネットは5月17日(日)、第12回裁判員制度フォーラム「市民から見た
裁判員裁判」を開催します(会場:東京都千代田区・日比谷図書文化館)。
裁判員ネットでは制度開始当初から裁判員裁判の傍聴を行い、私たち市民の視
点から裁判員制度を検証する取り組みを行ってきました。また、裁判員経験者
からのヒアリングも行ってきました。
このフォーラムでは自分も選ばれるかもしれない裁判員裁判について、裁判員
経験者の生の声や、裁判員裁判市民モニターより得られたデータをみなさんに
お伝えしながら、裁判員制度の現状と課題、私たち市民の制度への向き合い方
について一緒に考えていきます。

自分も選ばれるかもしれない裁判員裁判について、現場の情報や市民の声を交
えながら、正面から考えてみませんか?

■概要
【日時】2015年5月17日(日)13:00〜16:15(開場12:30)

【会場】日比谷図書文化館/B1F・コンベンションホール
 (日比谷公園内・旧都立日比谷図書館)

【アクセス】
 東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C1・B2出口より徒歩
 約5分、都営地下鉄三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩3分

【その他】
・事前申し込みは不要です
・資料代:500円
・撮影は事前(前々日まで)に申請して頂き、こちらが許可をした場合のみに
 限らせて頂きます。

【主なプログラム】
13:10頃〜 第1部:レポートセッション―裁判員裁判の現状と課題
5年間の裁判員裁判市民モニターより集まったデータを報告し、いくつかのテ
ーマに焦点をあて、現場から見える制度の現状と課題についてわかりやすくレ
ポートします。
14:30頃〜 第2部:トークセッション―市民から見た裁判員裁判
裁判員裁判の現状と課題をテーマに、市民の視点からゲストによるトークセッ
ションを行います。また質疑応答・意見交換のコーナーもあり、会場の皆さん
と一緒に裁判員制度について深めていきます。
・ゲスト:裁判員経験者、天海浪漫氏(日本司法通訳士連合会理事長)、石垣
正純氏(弁護士)を予定
・コメンテーター:大城聡(弁護士・裁判員ネット代表理事)
・コーディネーター:坂上暢幸(裁判員ネット理事)

★詳細はこちら↓
http://saibanin.net/updatearea/news/archives/2686


─┬─────────────────────────────────
2│スタッフコラムから
 │------------------------------------------------------------------
 │・司法通訳の現状を聞いて
─┴─────────────────────────────────
裁判員ネットでは裁判員制度や司法の課題について、調査・研究活動をおこな
っています。先日司法における「通訳」の現状について、「日本司法通訳士連
合会」の天海理事長からお話を伺いました。このヒアリングに参加した裁判員
ネットメンバーの感想・レポートをHPに掲載しています。ご興味がありました
ら、ぜひご一読ください。

■「司法通訳の現状を聞いて」
司法通訳人の天海浪漫さんから司法通訳についてお話をしていただきました。
おそらく多くの人が司法通訳人の存在を知らない、又は、知っていたとしても
その問題点について考えたことはないのではないでしょうか。私自身、司法通
訳人の存在を知ったのは、今年の夏に裁判傍聴をした際に外国籍の被告人に通
訳が就いているのを見たときでした・・・

★続きはこちらから↓
http://saibanin.net/updatearea/staffcolumn/archives/2311



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-06-05  
最終発行日:  
発行周期:月1回  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。