ボランティア

ぼらっと みえ〜る♪

本メールマガジンは、「三重県社会福祉協議会 三重県ボランティアセンター」が発行するもので、三重県内のボランティア・市民活動を広く支援することを目的に、ボランティア・市民活動に関するイベント・講座・研修等の情報、助成金情報等を関係機関・団体や個人に対して情報の発信を行うものです。

全て表示する >

三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ〜る♪』【2011(平成23)年度/第18号】

2011/12/23

 三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日〜金曜日 9:00〜17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・講座情報(4件)
 ◆若者に関わる人たちのための全国フォーラム
 ◆災害時外国人サポーター研修
 ◆平成23年度 薬物フォーラム
 ◆福祉教育・ボランティア学習の集いinあいち・なごや
3.助成金情報(2件)
 ◆第43回(平成24年度)三菱財団 社会福祉事業・研究助成
 ◆朝日新聞厚生文化事業団 高齢者への暴力防止プロジェクト助成
4.東日本大震災に関する情報(1件)
 ◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
5.編集後記(せっきー&でっち)
☆------------------------------------------------------------------☆


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
1.あいさつ
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 クリスマスが目の前ですね。

 今年は、3連休となりました。皆さんはどのように過ごされますか?
 家族と過ごすのも良し、恋人と過ごすのも良し、皆さんにとって幸せな日と
なりますようお祈りしています。

 ホワイトクリスマスにならないかなぁ・・・

                       (現在の読者数 : 142人)


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2.イベント・講座情報(4件)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆若者に関わる人たちのための全国フォーラム
  〜若者に関わるための100のヒント〜
「140名の若者起業家を生み出す力」
「伝統工芸を若者に伝える力」
「ニート・引きこもりの若者を支援する仕組み」

  各分野の最前線で活躍される方に、「若者に関わるための100のヒント」
 をテーマに、その秘訣やノウハウを一挙公開!
  若者に関わるすべての方々を対象とした、全国フォーラムです。
  若者を魅了する達人たちがこれほど多く集まるフォーラムは全国的にとて
 も貴重な機会です。
  是非、皆さんのご参加をお待ちしています。
【開催日】2012年1月7日(土)・8日(日)
【開催場所】国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都渋谷区)
       http://nyc.niye.go.jp/
【参加費】無料
  ・情報交換会参加者は別途3,500円が必要です。
  ・宿泊も無料です。(人数限定のため先着順)
【企画運営】全国ワークキャンプフォーラム 実行委員会
【主催】独立行政法人 国立青少年教育振興機構国立中央青少年交流の家
 ※ぜひこちらのHPで詳細をご覧ください。http://wcf.seesaa.net/
【申込み・問合せ】※2012年1月5日(木)締め切り
  独立行政法人 国立青少年教育振興機構 
   国立中央青少年交流の家(担当:北見・内海)
  TEL:0550-89-2020      FAX:0550-89-2025
  E-mail:fujinosato23kikaku@niye.go.jp


◆災害時外国人サポーター研修
【開催日時】2012年1月22日(日)11:00〜16:00
【開催場所】亀山市青少年研修センター(亀山市若山町7-10)
【対象者】災害時の外国人支援活動に関心のある人、外国語と日本語でコミュ
     ニケーションできる人、MIEF災害パートナー
【定員】25名(参加費無料)
 ※同日の12:00〜15:30に「外国人住民を対象とした防災セミナー」も開催さ
  れます。
   いずれもぜひこちらで詳細な内容、チラシをご覧ください。
  http://www.mief.or.jp/jp/life/saigai_shien.html#kameyama_supporter
【申し込み・連絡先】
*2012年1月18日(水)までにFAX、E-mail、郵送、持参にてお申込みください。
 財)三重県国際交流財団(MIEF)
  TEL:059-223-5006 FAX:059-223-5007  E-mail:mief@mief.or.jp
  〒514-0009 津市羽所町700 アスト津3階


◆平成23年度 薬物フォーラム
【開催日時】2012年1月29日(日)10:00〜12:30
【開催場所】三重県人権センター多目的ホール (津市一身田大古曽693-1)
【内容】
 シンポジウム「依存症と発達障がい 〜ギャンブル問題の視点から〜」
 シンポジスト:中村 努氏 認定NPO法人 ワンデーポート施設長
        稲村 厚氏 認定NPO法人 ワンデーポート理事長
 コーディネーター:市川 岳仁氏 NPO法人三重ダルク施設長
※ぜひこちらのチラシで詳細をご覧ください。
  http://www.pref.mie.lg.jp/KOKOROC/HP/yaku_net/index.htm#forum

◆福祉教育・ボランティア学習の集いinあいち・なごや
  メインテーマ「共生文化創造への途」
【開催日時】2012年2月12日(日)12:50〜16:30
【開催場所】伏見ライフプラザ 5階 鯱城ホール等
      (名古屋市中区1-23-13)
【参加費】1,000円
【主催】日本福祉教育・ボランティア学習学会
    社福)愛知県社会福祉協議会
    社福)名古屋市社会福祉協議会
【内容】
 ●基調対談:野村文枝氏×原田正樹氏
  「改めて住民主体のまちづくりを考える
      ―学びと実践をつむぐ生き方とまちづくり―」
  野村文枝氏:
   名古屋市のボランティア活動の先駆者のひとり。学習と実践、実践と仲
   間づくり、地域づくりを進めてきた。今も現役で傾聴ボランティアをさ
   れている。
  原田正樹氏:日本福祉教育・ボランティア学習学会副会長
 ●分科会:
  1.協働実践のプログラムづくり
  2.災害と福祉教育 〜半田市社協の取り組みを通して〜
  3.ESDと福祉教育・ボランティア学習 〜ESDの本質を知る〜
  4.見えにくい障害へのアプローチ
  5.交流の場づくりのプログラム
  6.絵本の世界と福祉教育 〜絵本を通していのちを伝える〜
【申し込み】メールにて1月末日までに申し込みしてください。
  E-mail:fukushiforum@yahoo.co.jp
   連絡事項:氏名、所属、連絡先アドレス、
   分科会希望(第1、第2希望まで)、情報保障サービスの有無
※最新の情報はこちらのHPでご確認ください。
  http://www4.plala.or.jp/Fukushi-Forum/index.html 


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
3.助成金情報(2件)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆第43回(平成24年度)三菱財団 社会福祉事業・研究助成
【助成対象】
  1.日本国内において事業ないし研究の継続的拠点を有する者(国籍等不問)
  2.営利目的の企業等並びにその関係者は対象外
  3.代表研究者及び主たる協同研究者は、本財団の同一年度の助成に複数応
    募することは出来ません。
【対象事業】
  1.現行制度上、公の援助を受け難い、開拓的ないし実験的な社会福祉を目
    的とする民間の事業(原則として法人に限る)
  2.開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究(個人・法人い
    ずれも可)
【助成額】
  総額約7千万円を予定。1件あたりの金額は特に定めない。
【助成金使途】
 「開拓的・実験的事業ないし研究」を主軸とした下記資金。
  1.調査研究費
  2.施設費(建設、設備)
  3.施設以外の経費(職員研修費等を含む)
   従って、単なる施設建設、設備・機器購入等のみを目的とした申込は対
  象外。
   また、研究の実施者が所属する組織の間接経費・一般管理費等も助成の
  対象外となりますのでご留意下さい。
【応募期間】
  2012年1月16日(月)必着
【問い合わせ先】
  公益財団法人 三菱財団 事務局
   〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目3番1号(三菱商事ビル21階)
   TEL:03-3214-5754  FAX:03-3215-7168
   URL:http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/welfare.html

◆朝日新聞厚生文化事業団  高齢者への暴力防止プロジェクト助成
【助成対象】
  1.2012年5月〜2013年5月までに行われる事業
  2.高齢者への暴力、虐待の防止、予防、ケア、教育、啓発に携わる団体、
    グループの新たな事業(プロジェクト)
  3.地域で活動する高齢者サークル、自治会、町内会、高齢者支援グループ、
    団体などが行う虐待防止につながる事業(プロジェクト)
  4.営利を目的としない民間団体・グループであること
  5.法人格の有無は問いません
【助成内容】
  高齢者への暴力防止事業のための資金で、事業の意図や内容、計画に実
 現性があり、以下のような条件にあてはまるもの
  1.新しく試みる先進的、独創的な事業(プロジェクト)
  2.地域における貢献と広がりが期待できる事業(プロジェクト)
  3.暴力や虐待を受けた高齢者を直接守る活動
  4.暴力や虐待防止につながる取り組み
【助成金額】
  総額1,000万円
【応募締切】
  2012年1月17日(火)必着
【問い合わせ先】
  朝日新聞厚生文化事業団 「高齢者への暴力防止助成」 受付事務局
   〒530-8211 大阪市北区中之島3-2-4
   TEL:06-6201-8008  FAX:06-6231-3004
※詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
http://www.asahi-welfare.or.jp/info/2011/tokyo/koureishabbjoseik20111026.html


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
4.東日本大震災に関する情報
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆東日本大震災復興支援に関するWEBサイトのご案内
○三重県内の災害ボランティア支援センターについて
 ・伊賀市災害ボランティア支援センター
   http://www.hanzou.or.jp/idvsc/
 ・亀山市災害ボランティア支援センター
   http://www.kameyama-shakyo.or.jp/saigai-vc
 ・桑名市災害ボランティア支援センター
   http://www6.ocn.ne.jp/~kshakyo/saigaiv/
   (被災児童・生徒のホームステイボランティアを募集します。)
 ・名張市災害ボランティア支援センター
   http://www.nabarishakyo.jp/chiiki/saigaiv_siencenter.html
 ・菰野町災害支援ボランティアセンター
   http://komonovc.sakura.ne.jp/syakyo/index.html
 このほか、松阪市等でも災害ボランティア支援センター設置しています。

※この他、全国社会福祉協議会のHPに引き続き県外の情報が掲載されています。
  http://www.shakyo.or.jp/saigai/touhokuzisin.html


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
5.編集後記(せっきー&でっち)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
 今年も終わっていきますね。
 本当にいろいろなことがあって、いろいろな思いが交錯して…。の1年でし
た。
 
 年末は、年賀状を出すのか出さないのか、出すならどう出すのか。というこ
とも話題になっていました。皆さんはどうされましたか?どうされますか?
 私は「それでも初春はやってくる。」ということを伝えられたらいいなぁな
んて思っています。

 それでは、みなさまにとって素敵なお年を☆
 そして、来年もよろしくお願いいたします♪
                                でっち

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-06-04  
最終発行日:  
発行周期:毎月第2・4金曜日の予定です。  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。