ボランティア

ぼらっと みえ〜る♪

本メールマガジンは、「三重県社会福祉協議会 三重県ボランティアセンター」が発行するもので、三重県内のボランティア・市民活動を広く支援することを目的に、ボランティア・市民活動に関するイベント・講座・研修等の情報、助成金情報等を関係機関・団体や個人に対して情報の発信を行うものです。

全て表示する >

三重県ボランティアセンター メールマガジン 『ぼらっと みえ〜る♪』【2010(平成22)年度/第18号】

2010/12/24

 三重県ボランティアセンターには、ボランティア活動に関する相談を受ける
ボランティアコーディネーターがいます。
 <ボランティア活動に関する相談受付>
  月曜日〜金曜日 9:00〜17:15
  Tel:059-229-6634 E-mail:mvc@miewel.or.jp  


☆--------今回の目次------------------------------------------------☆
1.あいさつ
2.イベント・講座情報(4件)
 ◆第10回鈴鹿川流域の環境展
 ◆全国ボランティアコーディネーター研究集会(JVCC)2011
   京(きょう)から未来(あした)の市民社会を創る
        〜10(てん)換期、多様化する社会を貫く軸〜
 ◆全国社会的ひきこもり支援者 全国実践交流会in岐阜
 ◆ファンドレイジング・日本2011(再掲)
3.助成金情報(4件)
 ◆第4回ティファニー財団賞 ─日本の伝統文化と現代社会─
 ◆読売光と愛の福祉事業団 作業所「生き生きチャレンジ」助成2010
 ◆第42回(平成23年度)三菱財団 社会福祉事業・研究助成
 ◆朝日新聞厚生文化事業団/高齢者への暴力防止プロジェクト助成
4.編集後記(ぐっさん&でっち)
☆------------------------------------------------------------------☆

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
1.あいさつ
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 先日、2か月ぶりくらいに本格的な運動をしました。
これほどカラダは動かなくなるものか、というくらい自分のカラダが重く、
イメージ通りには全く動けませんでした。
 数年前までは久しぶりに運動しても、意外に動けたんですけどね。
だんだんと衰えていくものですね。

せめてもの救いは、筋肉痛が翌日にきたことでしょうか…

                        (現在の読者数 : 113人)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
2.イベント・講座情報
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆第10回鈴鹿川流域の環境展
 「子どもたちが体験して楽しく学ぶ自然の大切さ」
【開催日時】
  2011年1月15日(土)〜16日(日) 10:00〜16:00
【開催場所】
  鈴鹿ハンター 1階センターコート・センターコート南側催事場
【内  容】
  イモリやザリガニにさわる体験、自然素材を使った工作、地域の子どもた
 ちの環境活動報告展など盛りだくさんの内容です。演奏、クイズ大会、ビン
 ゴ大会が行われるエコステージもあります!
  15日には卯の花を使ったコロッケを、16日には卯の花だんごのふるまいが
 あります。
  (両日とも11:OO〜 先着 250食分)
【主  催】
  第10回鈴鹿川流域の環境展実行委員会
【問合せ先】
  NPO法人すずかのぶどう TEL:059-387-0767


◆全国ボランティアコーディネーター研究集会(JVCC)2011
  京(きょう)から未来(あした)の市民社会を創る
        〜10(てん)換期、多様化する社会を貫く軸〜
 JVCC2011京都大会では、この10年を真摯にふり返るとともに、「市民参加
を支えるプロ」であるボランティアコーディネーターとして、次なる10年を
どのようにデザインし、どのように影響を与えていくのかを大いに語り合い
たいと思います。冬の京都へ、さまざまな分野の、より多くのコーディネー
ターの皆様が来られることを願っています。
【開 催 日】
  2011年2月26日(土)〜27日(日)
【開催場所】
  龍谷大学 深草学舎(京都市伏見区深草塚本町)
【定  員】
  250人
【参 加 費】
  13,000円(一般) / 11,000円(JVCA会員)
      ※1/22まで「WEB早割」あります。(それぞれ1,000円割引)
【受付締切】
  2011年2月5日(土)
  「WEB早割」受付締切 1月22日(土)
【主  催】
  全国ボランティアコーディネーター研究集会2011実行委員会
  特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)
【共  催】
  龍谷大学(龍谷大学ボランティア・NPO活動センター)

  *プログラムの詳細・お申込は下記URLから↓
    http://blog.canpan.info/jvcc2011/


◆全国社会的ひきこもり支援者 全国実践交流会in岐阜
【よびかけ】
 学ぶ機会も働く機会も奪われ、結婚なんて夢のまた夢と訴える若者たち。
これほどまでに若者が困難な状況に押しやられた時代がかつてあったでし
ょうか。ニート、ひきこもりは彼らの静かなる抵抗の姿に思えてなりません。 
 この第6回全国交流会は、そんな背景のもと、新たに「子ども、若者育成
支援推進法」が施行された年に開催されます。北海道、そして長崎と日本の
北から南へとつながれてきた交流会は、今度は日本の真ん中、岐阜での開催
となります。それこそ、手探りで試行錯誤しながら、そして悪戦苦闘しなが
らも粘り強く、草の根からの支援を日々続けておられる全国の支援者のみな
さん、ぜひ、みなさんの取り組みの苦労と経験、そして希望を持ち寄りまし
ょう。それが、孤立し、苦悩する若者たちに対するなによりの贈り物となり
ます。 
 私たちは、これまでに一年近くをかけて学習と議論を積み重ね、このプロ
グラムを作り上げてきました。あとは、交流会で豊かな実りとして結実させ
られることだけを願っています。そして、そのためにも精いっぱい皆さんを
お迎えできる準備を整えてお待ちしています。わくわくするような新しい出
会いとつながりの中で、お互いに大いに語り合い、学び合えることを心より
楽しみにしています。 現地実行委員会一同
【開催日時】
  2011年2月12日(土)〜13日(日) 
【開催場所】
  岐阜大学(大講堂・地域科学部)
  (岐阜市柳戸1番1)
【参 加 費】
  大人3,000円(当日3,500円)
  学生2,000円(当日2,500円)
  懇親会4,000円
【主  催】
  第6回社会的ひきこもり支援者全国交流集会実行委員会
  全国社会的ひきこもり支援連絡会議
   *プログラム詳細、お申込については下記URLから↓
    http://hikikomorishien.web.fc2.com/06/top.html


◆ファンドレイジング・日本2011(再掲)
【開催主旨】
  NPO等が社会に貢献する活動を着実に展開している反面、NPO全体として
 みると、依然として財政基盤は脆弱であるという課題があります。こうし
 た中で、私たちは日本の寄付文化の一層の発展と躍進をめざして活動して
 います。
  本大会の開催を通じて、最近の新しい社会の動きや変化、様々なファン
 ドレイジングの成功事例などについて参加者が新しい気づきや学びを得る
 こと、そして社会とのコミュニケーションを強化しようとするモチベーシ
 ョンが湧き、参加者全体が「元気になる」ことを希望しています。
【開催日】
  2011年2月5日(土曜日)・2月6日(金曜日)
  (プレイベント2月4日(金))
【会場】
  日本財団ビル(東京都港区赤坂1丁目2番2号)
【参加費】
  会員 7,000円、非会員 12,000円
【申込締切】
  1月15日(土)
【問合せ】
  日本ファンドレイジング協会
  〒105-0004東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302
  TEL:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591 Eメール:info@jfra.jp
  URL:http://jfra.jp/frj2011/index.html


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
3.助成金情報
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆第4回ティファニー財団賞 ─日本の伝統文化と現代社会─
【対象団体】
  1)地域の伝統文化を現代社会の営みにマッチさせ、地域文化を核として
    広く市民を巻き込んだ活動となっている事業
  2)地域社会に昔からあった活動を再活性化することにより、地域の誇り
    を取り戻し、地域の活性化に寄与している事業
  3)伝統文化をテーマに国内外と交流することで開かれた地域づくり、地
    域社会の活性化に役立てている事業
【対象団体の資格】
  ア 個人ではなく組織(法人格の有無を問わない)であること
  イ 将来にわたり活動を続けていく意思を持っていること
  ウ 営利の追求を主たる目的としていないこと
  エ 原則として事業の開始から5年以上継続して活動していること
【賞】
  各賞1団体ずつ選定
  受賞団体にはそれぞれ賞金200万円とティファニー製トロフィーを贈呈
   ○伝統文化大賞…全国的に評価を受け認知されている団体のうち、そこ
           に留まらず革新性等を追及し、積極的な活動を行って
           いる団体
   ○伝統文化振興賞…小規模ながら地域社会で高く評価され、その将来性
            に高い期待が寄せられる団体や模範的な活動を行う
            団体
【締切】
  2011年1月31日(月) 必着
【問合わせ】
  (財)日本国際交流センター内 ティファニー財団賞事務局
   TEL:03-3446-7781(代表) Eメール:tiffany@jcie.or.jp
   URL: http://www.jcie.or.jp/japan/cn/tiffany/


◆読売光と愛の福祉事業団 作業所「生き生きチャレンジ」助成2010
【対象団体】
  1)作業所(無認可の施設や、地域活動支援センター、就労継続支援B型
   など、障害者の就労を支援している施設。小規模で財政基盤の弱い団体
   を優先)
  2)上記団体が手がける事業で、計画や準備が進み、採算のめどがたつも
   の、またはすでに着手済みで成果をあげつつあるもの
【対象事業】
  農林水産業やその加工、園芸に関連する事業が対象
【助成額】
  1件につき30万円(およそ10団体に助成予定)
   ※新事業に必要な設備投資費や販売促進費を助成
【締切】
  2011年1月31日(月) 必着

  ※その他詳細はこちらから↓
   http://www.yomiuri-hikari.or.jp/work/report/shougai.htm


◆第42回(平成23年度)三菱財団 社会福祉事業・研究助成
【助成対象】
  1)日本国内において事業ないし研究の継続的拠点を有するもの
  2)営利目的の企業等並びにその関係者は対象外
【対象事業】
  1)現行制度上、公の援助を受け難い、開拓的ないし実験的な社会福祉を
    目的とする民間の事業(原則として法人に限る)
  2)開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究
    (個人・法人いずれも可)
【助成額】
  総額約7千万円を予定。1件あたりの金額は特に定めない。
【応募締切】
  平成23年1月7日(金)必着
【問合せ先】
  公益財団法人 三菱財団 事務局
   TEL:03-3214-5754  FAX:03-3215-7168
   URL:http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/welfare.html

◆朝日新聞厚生文化事業団/高齢者への暴力防止プロジェクト助成
【助成対象】
  ・2011年5月〜2012年4月までに行われる事業
  ・高齢者への暴力、虐待の防止、予防、ケア、教育、啓発に携わる団体、
   グループの新たな事業(プロジェクト)
  ・地域で活動する高齢者サークル、自治会、町内会、高齢者支援グループ、
   団体などが行う虐待防止につながる事業(プロジェクト)。
  ・営利を目的としない民間団体・グループであること
  ・法人格の有無は問いません
【助成金額】
  1件あたりの上限額100万円(総額1,000万円)
【応募期間】
  平成23年1月18日(火)必着
【問合せ先】
  朝日新聞厚生文化事業団「高齢者への暴力防止助成」受付事務局
   〒530-8211
    大阪市北区中之島3-2-4
    TEL:06(6201)8008 FAX:06(6231)3004
    その他詳細はこちら↓
   http://www.asahi-welfare.or.jp/info/2010/tokyo/koureishabouryoku
   bousi.html


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
4.編集後記(ぐっさん&でっち)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 先日「みえボランティアフェスティバル(以下VF)2010inこもの」が無事
終了いたしました。
 県内外から、たくさんの方々にお越しいただき、大盛況でした☆
 本当にありがとうございました!

 よかったこと楽しかったことが山程あるVFでしたが、来年度(東紀州地域
での開催です!)のVFを、もっと楽しめるようにイベント終わった後にこそ
やれること!をただいま整理中です。
 例えば、関わるメンバーが毎回変わるので細かな段取りの違いはあるけれど、
大きな流れはそれほど変わるわけではない。その大きな流れをどう積み重ね、
どう共有していくのがいいのか、そのために何をしないといけないのかなぁと
いったようなこととか…。

 そういえば、今日、明日も「クリスマス」というイベントですね。
 皆さんはどんな想いで、この日を迎えてみえますか。
 去年、どうしたかなぁと思い出したりしてみえますでしょうか。

 クリスマスも、一緒に過ごす人々次第で細かな段取りは変わってきますね^^

 ☆ Very Merry Christmas ☆*☆

                               でっち

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-06-04  
最終発行日:  
発行周期:毎月第2・4金曜日の予定です。  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。