健康・家庭の医学

楽しく生きたい ヴィタ栄養食事療法

楽しく生きるための健康≪栄養食事療法≫をご案内するマガジンです。

メルマガ情報

創刊日:2009-05-26  
最終発行日:2018-01-22  
発行周期:毎日  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

ヴィタ療法 仕事は何歳まで

2018/01/22

  皆様

【LS研究会】 ヴィタ研究所 木佐貫正人です。


 いつもご愛読いただきありがとうございます。

 皆様の栄養健康の情報提供をする

 ヴィタ研究所です。


 栄養健康に前向きの方に

 向いているメルマガです。


 尚 私が作っている栄養素食品は、

 栄養の種類と含有量、低添加物量など


 全ての配合がオリジナルバランスのため

 一般に使われているものとは
 
 大きく異なることがあります。


 混同されませんようご理解ください。


=□======================□=
 
〜*************************〜

   ヴィタ栄養食事療法について

〜*************************〜

■600人のグローバルエリート


 昨日 グローバルエリートは睡眠を

 多くとることが多いと言う。


 一日7時間以上は確保すると

 言うものでした。



▼では仕事で

 朝 その日のやるべきことを

 書きだすか?


 タスク午前中に実行しますか?


 やらねばならないことを

 早くしとかないと

 残業になると言う観念があるようだ。



●最初から帰宅時間を決めていて

 残業をすると言う発想自体が

 ありませんと言う、、、、



 日本では違うんですね。

 昔サラリーマンの頃

 サービス残業 当然の時代でしたが

 今は逆に正常と言えますね。



 だから意識的に午前と午後を分けて

 朝はミスをしにくい 

 集中力も高い

 今日中にやらねばならないことを

 しておくわけです。


 これは時短でもあり、

 残業もしなくて

 よい事になります。



■健康的に何時も考えると

 それは一日の始まりでもあり

 体が動き始める始動の時期です。



 それを誰よりも早く始動すれば

 良いに決まっていますが


 起きて 頭を覚醒するのに

 時間がかかるので

 日を浴び、食事をするのです。


 それで完全に覚醒するというのが

 時間栄養学でも言われます。



★ただ前の晩に遅く帰り

 夕食を摂れば朝は当然

 朝は食べられません。



 でもそうじゃないなら

 朝 血糖値が下がり

 空腹感がでなければなりません。



 それが身体のシステム上

 起こらなければならないのです。

 宇宙人は知りませんよ。



★糖尿病は糖の取り込みや

 その代謝低下が起こるので

 それが「起こりにくい」のです。



 通常 朝早く起きれば

 何もしていなくても

 なにがしら エネルギーを消耗する。


 だから徐々に血糖値が下がるのです。



 誰でも早く起きれば

 寝むたいけれども


 お腹は空いて来るのが

 普通と言えるでしょう。




 そこにプラスもう一つ上の

 ランクを考えてほしいものです。

 体作りです、、、



 エネルギーとは動くためのものですが

 体作りとは必ずしも一緒ではない。



 朝や昼のエネルギーは

 デンプン・ビタミンでしょう。


☆身体つくりは違うという事です。

 中心栄養素が全く違いますので


 そういう食材を

 積極的に摂らないと

 ある年齢でガタが来るという事です。



 早起きして覚醒させながら

 仕事を効率よく運んで

 残業もしなくて良い環境にする。


 同時に行うのが身体つくりに

 必要な栄養素を

 摂るというのが

 人生80年計画でしょう。 



 ではまた次回に

=□======================□=


  このお話は、私の独断と偏見が入る事があり、

  お役に立つかどうかはご自身でご判断下さい

  そしてその点をご了承のうえお読みください。


  健康 栄養関係の疑問や不満点などが

  ありましたらお気軽にご質問下さい。


  出来る範囲内でお答えしたいと思います。

  ご質問どんどんお聞かせ下さいませ。

  info@life-spp.com まで

 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

■ヴィタ研究所の実践方法


  栄養食事療法や

  整体手技療法単独または併用にて

  身体の内側の問題、外側からの問題から

  身体を見極め対処する方法です。


  私は栄養療法専門会社との提携で

  治療の先生方(医師 柔整師 鍼灸師 整体師)、


  運動実業団、プロ選手達などへのご相談やご説明を

  23年間チーフインストラクターとして

  普及活動させていただきました。


  現在治療師、一般の方を中心に

  ヴィタ栄養食事療法を実践しています。


  URL  http://life-spp.jp   http://life-spp.com

   ブログ http://life-spp.jp/blogs/   

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 このメールマガジンの本文を掲載・転用は誤解を

 招きかねませんので著作権もあり、おやめ下さい。

   (Copyright  2011-2018  Y・kisanuki All Rights Reserved)

最新のコメント

  • コメントはありません。