トップ > スポーツ > その他のスポーツ > スポーツ好きのネタ

スポーツ好きのネタ

RSS

運動好きのスポーツマンの話



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2009-06-29
発行部数:
15
総発行部数:
26
創刊日:
2009-05-08
発行周期:
週1回
Score!:
-点

最新のコメント

  1. 日馬富士関が全勝優勝。伊勢ヶ浜部屋では昭和26年1月の横綱照国以来だ。照国とは…大相撲が年2場所の時代、史上最年少の23歳4カ月で横綱になったのが、秋田県湯沢市秋ノ宮出身の照国万蔵だ。入幕後、わずか3年。7場所で横綱になった。しかも69連勝を達成した無敵の横綱双葉山と5回対戦し、3勝2敗。全盛期の双葉山が、同じ相手に3敗したのは照国だけだ。地方巡業でも双葉山は照国に敗れた。照国は全盛期の双葉山に一歩も引かず、堂々と打ち負かした。生まれも育ちも秋田の若武者が、天下一の双葉山を土俵中央に転がしたのだ。照国の活躍に、地元は大いにわいた。
     照国の体は柔軟で、テンポよく動き、取り口もリズミカル。餅のような色白の肌が、相撲を取るたびに桜色に染まった。その様子は「桜色の音楽」と形容された。観衆は照国に酔いしれた。まさに「絵になる相撲」だ。人気の点では双葉山をしのぐほどで、誰もが愛する時代のヒーローだった。
     「相撲の天才」とも呼ばれた。土俵に腹がつくほどの低い立ち合いから相手を攻めた。低く攻められた相手ははたくが、照国は前に落ちない。子どもの頃、蚕の餌になる桑の葉っぱを朝夕、山に採りに行った苦労が強靱な足腰を育んだのだ。前さばきがうまく、差せば重心の低い吊りや寄りをした。自分よりはるかに長身の相手が高々と宙に浮いた。
     横綱在位、満10年。幕内通算成績271勝91敗。関取勝率74・2%は歴代7位。三役になってからの勝率は双葉山の86・7%に次ぐ81・3%で歴代2位。強い横綱だ。だが照国は、もともと勝負師ではなかった。争いを好まず、内気で温厚な人柄。力士になるのを嫌い、時間があれば勉強したり、読書するおとなしい少年だった。
     そんな照国が、父の急死や兄の出征など家族の悲運を乗り越えるため、あえて相撲取りの道に進んだ。自分が堪え忍び、母と弟たちを窮地から救おうとしたのだ。息子を不憫に思う母は猛反対したが、照国は泣いて故郷を後にした。 
     だが優しすぎる照国は駆け出しの頃、相撲が弱く、「力士としてやっていくのは無理だ」と親方に破門された。両国橋で途方に暮れて泣いていた照国に手を差し伸べ、家族のように温かく育ててくれたのが、同郷の幡瀬川だった。故郷の母は照国を祈り、わが身に井戸水を浴びる過酷な「願掛け」を行った。「万蔵を救ってけれ。おらの寿命を縮めてもいいから」と寒中でも体に水をかぶった。照国が大病を患って危篤になった時も、母は一心不乱に看病し息子を救った。
     だが苦労しすぎた母は若くして逝った。照国は「あばぁ。あばぁ」と、亡き母を叫びながら泣いて相撲を取った。病気やケガに苦しみながらも、母を支えに必死に踏ん張り、連続優勝を果たした。照国は故郷の母や家族を支えに、必死に人生を駆け抜けたのだった。照国は語っている。「故郷にいた時が一番の幸せだった」と。貧しくても家族睦まじく、百姓しながら暮らした少年の日が忘れられなかったという。参考…秋田魁新報「秋田が生んだ横綱照国物語」
    日馬富士関は平成の照国として活躍して欲しい。

    日馬富士関おめでとうござます 2012/7/22 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 腕時計ベストコレクション

    最終発行日:
    2009/05/21
    読者数:
    20人

    腕時計の売れ筋商品の紹介

  2. <毎週特典ダウンロード>追撃ネット起業!

    最終発行日:
    2012/11/20
    読者数:
    67人

    ムック本「ズバッとわかる ブログでアクセスを集めお金を稼ぐ」掲載!ルークが送るアフィリエイトの情報メルマガ! ・アフィリエイト特選無料情報あり! ・毎週特典ダウンロードあり! ・有料商材プレゼントオファーあり! ・もちろん稼げるアフィリエイトノウハウ情報も満載!

  3. nomihoの幸せ探しニュース

    最終発行日:
    2009/05/20
    読者数:
    26人

    普段の生活の中でちょっと幸せになれる小さなニュース、心と懐がちょっとだけ暖かくなるお知らせを、癒しの言葉とともにお届けします。 時々くすっと、時々しんみり、そして豊かに。日々の生活にちょこっとプラスです。

  4. BBS派遣通信

    最終発行日:
    2011/06/17
    読者数:
    21人

    派遣先様向けのページを開設するにあたり、メルマガを発行することになりました。お役に立てていただける情報を提供していきますので、ご愛読ください。

発行者プロフィール

過去の発行記事