ビジネス一般

ニュ−スと情報の館 三鈴舎マガジン

お仕事前の10分間、脳の活性化、仕事のやる気化にお役立てください。お客様や上司との話題作りにもご利用ください。

メルマガ情報

創刊日:2009-05-07  
最終発行日:2019-11-17  
発行周期:原則毎日  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

三鈴舎『生きるか死ぬかの瀬戸際にある自動車産業』

2019/11/17


4205
"♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ 


      まぐまぐ! プレミアムガイド  〜おすすめ有料メルマガ情報〜

            ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪

              ビジネスソース≪あさペラ≫  

            ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪

              今 日 の テ ー マ は 


落ち込む部下から相談を受けた



……部下は一段と落ち込む結果に      ……上司と部下が共感できること      ……自分の気持ちを誰かに聞いてもらうこと     ……自らを第三者の視点で見つめること


 ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪♪ (^^♪ ♪ (^^♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ 

           ビジネスソース≪あさペラ≫   

               毎月490円 税別
                              発行周期…月・水・金    
                              無料期間…登録申込月
                              配信システム…まぐまぐ
       
                   〈お申込みには「まぐまぐアカウント作成」(無料)が必要です〉

 ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪ (^^♪ ♪♪ (^^♪ ♪ (^^♪ (^^♪ ♪  (^^♪ ♪ 
   
       こちらからサンプル記事へアクセスできます。
       http://www.mag2.com/sample/0001681627.htm
       こちらはあさペラ登録ページです。
    http://www.mag2.com/m/0001681627.html


       ☆ ☆ 最近の ビジネスソース≪あさペラ≫  記事から ☆ ☆

◆ お客様の目線で考える

■落ち込む部下から相談を受けた

◆ 水引と熨斗


☆*..>     ☆*..>      ☆*..>☆*..>☆*..>☆*..>☆*..>☆*..>


              ≪≪<   三鈴舎   >≫≫         no,4205





 ≪『生きるか死ぬかの瀬戸際にある自動車産業』≫




           今日は2019年11月17日日曜日です


      #   今週もいっぱい良いことがありますように   #


4205
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                           今日の目次


         ☆* 書く人 ☆* ☆読む人☆* 考える人 ☆*

.『生きるか死ぬかの瀬戸際にある自動車産業』

         ☆* ジョウビタキ ☆* ☆ ひよどり ☆* モズ ☆*

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

.STOCK 株式 STOCK

.....*<世界半導体の業績回復の兆し> 


.Asia アジア Asia

.....*<白金ETF  残高最高水準に>


.☆☆☆ヒラメキ☆☆☆ヒット☆☆☆きら☆☆☆

.....☆★「光熱費ゼロ」型マンション☆★


.プライム戯評

.....◎▼領収書か精算書が見たい▲◎

.〜 ひとふで書き 〜

.....▽ 〜日本は転職で収入があまり増えない〜

.....▼ 〜日航、ANAと同じ土俵に〜


.投資運用商品

.....[ バランス型投信 ]


*************************************************

☆*..>書く人 ☆*..> ☆読む人☆*..> 考える人 ☆*..>

『生きるか死ぬかの瀬戸際にある自動車産業』


 1600万台連合の盟主となったトヨタだが、GAFAへの対抗はゆるぎない。トヨタは従来にない動きをみせている。 

 トヨタが資本提携にまで踏み切る背景にあるものは、自動車メーカーの未来に対しての濃い不透明感である。 

 国内では自動運転や電動化を指す「CASE」への対応が難しくなったメーカーが、トヨタと協業を選ぶ傾向がある。 

 トヨタのライバルはVWよりも、俄かに台頭してきたグーグルやアマゾンなどの新興勢力だ。トヨタをはるかに上回る研究開発費を投入して移動サービス分野では自律走行などの最先端分野へ投資を続けている。  

 対売上高研究費はトヨタの3%に対し、グーグルやアマゾンは10%を超える。  

 豊田社長は規模のみを追うのではなく、原価や研究開発を含めた競争力を備えた連合を構築する計画だ。アマゾンやウーバーテクノロジィーズ、ソフトバンクグループなどITを基盤とする異業種とも新領域で手を組む。 

 車が進化しようとも車の安全性、耐久性、乗り心地を実現する製造業の力は必ず求められる。  

 トヨタは中国市場で仲間づくりを促進するために、HVやFCVに関する特許を使える権利を無償で提供する。 

 自動車が普及してから100年。既存の自動車メーカーにとって今は生きるか死ぬかの瀬戸際である。"


4205

☆*..>書く人 ☆*..> ☆読む人☆*..> 考える人 ☆*..>

     〜〜ご意見等は下記へお願いします〜〜


「一本のメルマガとの出会いは人生を変えるかもしれない」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

☆*..>   きょうのキ−ワ−ド   ☆*..>    

白金ETF ★ ☆ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
トヨタ ★ ☆バランス型投資信託 ★ ☆

*************************************************

STOCK 株式 STOCK

*<世界半導体の業績回復の兆し> 

 サムスンやインテルなど大手10社の純利益は増益に転じた。  特に業績回復が目立つのはCPUやGPUと呼ぶ演算処理向け半導体開発メーカーだ。  *

*** IT大手のデータセンター投資が回復基調にあり、半導体市況に底入れ感が高まっている。     次の四半期は更に業績が好転するとみられる。   2018/11/16


Asia アジア Asia

*<白金ETF  残高最高水準に>

 プラチナの現物を裏付けとした上場投信ETFの残高が年初から増加している。  残高は年初比4割増、過去最高水準にある。     *

***  相場がさえない中、投資家は白金ETFを買う姿勢を崩していない。     2018/11/16


☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★ 


☆☆☆ヒラメキ☆☆☆ヒット☆☆☆きら★☆☆


☆★「光熱費ゼロ」型マンション☆★

"
 省エネ型「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」がマンションに広がっている。  

 太陽光パネルや断熱材で熱効率を高め、最終的に光熱費をゼロにする。  

 ZEHのマンションは数年で4千戸に増える見通しだ。 

 約83平方メートル部屋に住むと仮定する。通常だと年間19万円ほどの光熱費を約7割、134,000円減らすことができる。

  その内訳は断熱材やガラスによる「省エネ」で68,000円、太陽光パネルなどで発電する「創エネ」で66,000円。 

 しかし高層マンションだと節約効果は小さくなる。高層物件は一戸当たりの屋上の面積が小さいためだ。"


☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★ 

プライム戯評

◎▼領収書か精算書が見たい▲◎


"
*場面を想像して下さい*

*************

「口は重宝だからね、何とでもいえる」

「自信がありりそうだ。紙ペラ一枚見たいね」

**********   2019/11/17"


"けん子…「後援会の夕食会の費用は参加者の自己負担だったと、自信をもって明言したね。「私や妻が関係していたら総理も議員も辞める」と言った時のアベと似ている気がする」  


まもる…「一国の総理がそこまで言うなら本当だろうと国民は思った。欺かれたわけだが。今回もアベは何もやましいことをしていないと言ったのだから、事務所にある領収書なりを示せば一件落着するはずだ。国民を欺かないでほしい」  


けん子…「アベの濡れ衣を晴らすのは簡単なことね」  


まもる…「簡単なことだ。時間はかからない。他にも大事な事案があるのだから、アベが積極的に証拠書類を示して一件落着とすべきだ。やましいことがないのだから、速やかに示すべきだ。我々も期待している」
""
"

☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★ 

〜 ひとふで書き 〜

▽ 〜日本は転職で収入があまり増えない〜

" 
 転職が収入の増加に繋がっていない。 

 「1つ前の勤務先より収入が上がった」とする人の割合は43%、反対に「下がった」割合は40%だった。 

 年功序列などの日本の雇用制度が根強く残っているためだろう。   "


▼ 〜日航、ANAと同じ土俵に〜

"
 2020年3月期からライバルのANAと同じ土俵に上がる。 

 会社更生法の適用による繰越欠損金の控除期限は前期で終わった。 

 継続的にANAを上回る業績を確保すれば、対等の関係になる。"

☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★ 

投資運用商品

[ バランス型投信 ]

"
 様々な資産に分散投資するバランス型投資信託にマネーが集まっている。 

 バランス型投資信託は国内外の株式や債券、REITなどで運用する。価格変動リスクを抑え、安定したリターンを狙う。 

 20-30代を中心に毎月の定期購入の対象として人気がある。つみたてNISAでも人気がある。 

 中でも株式型の投信などよりリスクを抑えたバランス型を選ぶ傾向にある。

 バランス型投資信託にも種類がある。最近は相場の局面で配分比率などを変える商品が増えている。株安時や円高局面などで臨機応変する。  

 「投資のソムリエ」(アセットマネジメントOne)は8種類の資産の比率を毎日精査する。長期保有に向いたファンドと言える。実質信託報酬年1.54%。  

 「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)」は国内資産で運用し、価格変動のブレ幅を数%内に抑えるようにしている。実質信託報酬年0.924%。 

 バランス型投信は価格変動リスクを抑えて運用するが、大きな値上がりは期待できない。 

 注意すべきは保有期間中にかかるコストである信託報酬は年0.2%〜1.5%程度と差がある。指数連動型のインデックス投信よりやや高い。"

☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★ 
4205
 当メ−ルマガジンの著作権は発行者、執筆者に帰属し、無断転載
 することを禁止します。
 各種コンテンツに転載する場合は、事前に小誌までご連絡ください。
 ★    
 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものです。
 有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としていません。 
 投資による損益はすべて読者ご自身に帰属いたします。
 投資に当たりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただき、

 最終的なご判断をお願いします。 
 本資料は、信頼できると判断した情報に作成していますが、
 その情報の正確性若しくは信頼性を保証しません。 
 また、情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。
☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★

 当メルマガへの【ご意見、お問い合わせ】はこちら
 ⇒  mmmk0045@yahoo.co.jp

☆★☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★☆★☆★ ☆★ ☆★

 《発行責任者》  

Independent  Contractor
Collabo ・E・ Business

2019年11月17日

最新のコメント

  • ようじゃ2010-07-08 19:12:40

    こんにちは。急にコメントしてすみません。

    大学の卒論で寄付の状況について調べようとしているんですが、なかなか資料を集められません。

    どのようにして、「日本は寄付が集まりにくい」という情報を得てるんですか??

  • 名無しさん2009-06-09 09:50:47

    勉強になります。これからも楽しみにしています。