名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@896

2018/01/13

過ちを改るに、自ら過つたとさへ思ひ付かば、
夫れにて善し、其事をば棄て顧みず、
直に一歩踏出す可し。
(西郷隆盛、「西郷南州遺訓」)

NHKの大河ドラマ「西郷どん」が始まりました。
視聴率は惨憺たるものでしたが、道はまだ遠い。
明治維新を成し遂げた功労者のひとりである
だけでなく、道を一筋に生きる男として
人間的な魅力を備えた人物だと思います。
今回は彼の言葉をお届けします。
道を歩む過程で、ひとはいろいろ過ちを犯します。
自分が過ったと悟った時はそれをまず受け入れる。
過ちにいつまでも拘らずにまず一歩を踏み出す。
過ちにいつまでも拘っている人は、自分で茶碗を
割ったのに、そのかけらを集めてもとに戻そうと
している人と同じだと言います。
過ちは起こってしまったもので決して修復できない。
二度と過ちを犯さないように原因を分析することは
大事ですが、色んな原因が重なった状況で最終的に
自分がどう判断したかで、過ちは起こります。
原因には自分ではどうしようもない原因が多い。
従って、同じような状況にまた出会う可能性がある。
過ちのあとに踏み出す一歩は、思慮を磨く一歩になる。
前向きに生きる人間として、西郷さんの言葉はある。
西郷さんは、人間というのは天と異なり、必ず過ちを
犯すので、それにまず気づくのが大事、次に過ちを
踏み台にして自分を磨くのが道と考えます。
新春の言葉としてふさわしい言葉でした。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。