名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@893

2017/12/23

So do not worry about tomorrow, 
for tomorrow will bring worries of its own. 
Today’s trouble is enough for today.
(New Testament, Matthew 6:34)

だから、あすのことを思いわずらうな。
あすのことは、あす自身が思いわずらうであろうから。
一日の苦労は、その日一日だけで十分である。
(マタイによる福音書)

「明日は明日の風が吹く」と言いますが、聖書では
上の言葉で言うようです。
「風」は悩みだったり苦労だったりします。
思いわずらわない理由が面白いですね。
明日は、明日自身の苦労を運んでくる。
明日になってみないと、明日どんな苦労が
待ち受けているかわからない。
今日の苦労は今日一杯で沢山だ。
ですから、聖書的には、
「明日は明日の苦労がやってくる」
というもので、風向きが変われば、明日はいい風が
吹くかもしれないという希望的観測を排除します。
変な期待を抱かず、その日その日の苦労を何とか
乗りこえ、今日の苦労を明日に引きずらない。
砂漠の一神教はとにかく現実的です。
思いわずらうことができるのは命があるからです。
その命が絶対神より与えられているのに、何を
食べようかとか、何を着ようかとか悩んでいる。
今日を生きて終えられていることに感謝しなくて
はいけない。
明日生きられるかは、絶対神の意のままにある。
ここは老子と考えが同じようです。
「萬物を以って芻狗と為す。」(老子第五章)
芻狗は「わらの犬」で、祭りのために作りますが、
祭りが終われば焼き捨てられる。
道も絶対的存在で、万物の命を「わらの犬」のように
作っては壊し、次々と交代させる。
明日の命を考えること自体がおこがましい。
今日の苦労は今日の命あっての苦労なんだから、
苦労を味わえることが絶対神の恵みを意味する。
日本みたいな文明社会に生活していると、その恵み
をいつの間にか忘れている。
聖書や老子の言葉は、現代人がいつの間にか忘れて
いる現実を思い出させてくれる。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。