名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@886

2017/11/04

生者仮借也。仮之而生。
生者塵埃也。死生為昼夜。
(荘子、至楽篇第十八)

生は仮借なり。之を仮りて生ず。
生は塵埃なり。死生は昼夜たり。

秋も晩秋に近づきました。
人生も秋に近づくと、死生について感慨を新たにします。
今回は荘子の死生観をお届けします。
「人生は借り物である。
いろいろ借りものして生きているに過ぎない。
生命は塵のようなもので執着するに及ばない。
塵から生命が生まれ、生命が塵に帰っていく。
従って、死生の変化は昼夜の移り変わりと同じである。」
中国の詩人李白が、「天地は万物の逆旅」と言いました。
逆旅(げきりょ)とは宿屋のことで、人も束の間、この宿屋
に仮住まいしている、はなかい存在であると考えました。
荘子の言葉に通じるものがあります。
40歳を過ぎると人生の半分が終わり、秋に差し掛かり、
60歳を過ぎると冬の到来となります。
冬と聞けば冬ごもりを連想し、すべてが守りの生き方に
なりがちですが、荘子の言葉を前向きに受け取ることも
できます。
そもそも人生は借り物である。
自分ひとりでは何もできないから、いろいろな人から
助けを借りて、これまでやって来れた。
塵に帰るまでのこの先、どんな借り物をして自分を
作り変えていけるか楽しみであると。
荘子の言葉は、至楽篇という章に書かれています。
至楽は人生最上の幸福ですから、晩秋も冬も、考え方
次第で極楽になるという意味合いがこめられます。
人生うまく行かないからって、宿屋に文句をいっても
始まりません。塵の存在が互いに力を出し合って、
愉快な仮住まいを送る方がずっと幸せに近づけます。
終局までの時間をどう充実させるか、知恵の絞り所です。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。