名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@879

2017/09/16

神が人間を試されるのは、
人間に、自分も動物にすぎない
ということを見極めさせるためだ。
(旧約聖書、「コヘレトの言葉」)

キリストやモハメッドや釈迦が生まれる前に
すでにあった、永遠のベストセラーが旧約聖書です。
そこには人間が何千年もの間に蓄積した知恵が
書かれています。
ブリューゲルの絵でも有名な「バベルの塔」。
同じ言語を話していた人間は、自分の力を過信して、
力の証としての街と天に届く塔を築こうとした。
それを見た神が、互いの言葉を通じなくさせた。
その結果、人間は街作りも塔の建設も続けられず、
各地に散らばっていった。
人間は、文明の進化により万物の頂点に立ったと
思っていますが、死に直面したとき、自分も動物に
過ぎないことを思い知らされます。
戦場や遭難現場で飢餓に陥ったとき、人肉で飢えを
凌いだ話をよく耳にします。
食べ物と水がなければ動物は生き残れません。
原子力という「神の力」を手にしても、人間は
その使い方まで知る知恵はなく、放射能で汚染された
土地を封印するしかありません。
食べ物と水があっても、放射能で汚染されていれば、
動物は放射能で体内細胞を破壊され、死に直面する。
この時期、核兵器による威嚇が取りざたされますが、
核の使用後に味わうのは、神が言うところの、
「人間も動物に過ぎない」ことだと、旧約聖書は
教えてくれます。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。