名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@868

2017/07/01

A man who dares to waste one hour of time 
has not discovered the value of life.
(Charles Darwin)

一時間の浪費をなんとも思わない人は、
人生の価値をまだ発見してはいない。

今回は進化論を唱えたダーウィンの言葉です。
生物が生きている時間は限られるので、
生きている間にどれだけのことをするかで、
人生の価値は決まるわけです。
80年が人生とすれば、今40歳の人は、
人生という山の頂きにいてこれから以降は
山を下る態勢にあるわけです。
10代の1時間と60代の1時間では、時間の
ありがたみが違います。
残された時間に何をすべきか心に描ける人は
1時間でも浪費はできないはずです。
それを何とも思わない人は、生きている間に
何をするのか見えていない人だと、ダーウィン
はいいます。
人生の価値といっても、何か偉大なことを
成し遂げるといった大げさなことではなく、
わずかな時間を人の役に立つ何かに使ってみる
といった意味です。
浪費しているかは自分が判断するものです。
時間の価値がわかっている人は浪費しているか
自分でわかります。
時間とともに体力も精神力も衰えてきます。
今できていることが、10年後できなくなる場合
もあります。
時間はチャンスの一つです。
どう使うかで、未来の広がりが違ってきます。
時間をどのように使うかでそのひとがわかると
言いますが、あとになって時間を惜しむような
生き方はしたくないのは誰しも同じです。
できることは今のうちに終えておくのが
よろしいようで。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。