名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@863

2017/05/27

塞其兌、閉其門、終身不勤。
開其兌、濟其事、終身不救。
(老子、第五十二章)

その兌(あな)を塞ぎ、その門を閉ざせば、
終身勤(つか)れず。
その兌を開き、その事を済(な)せば、
終身救われず。

今回は、老子の言葉です。
兌(あな)は、人間の感覚器官のことです。
身体の表面は皮膚におおわれていますが、
そこに穴をあけて外界の刺激を検知します。
目は映像を、耳は音声を、鼻はにおいを、
口は味を検知します。
検視した信号を脳で処理し、どういう行動を
とればよいか判断します。
感覚器官を全開にし、検知信号で脳が満杯に
なると、脳は判断に疲れてきます。
たとえて言うなら、スマホをじっと見つめ、
イヤホンをし、指を発作的に動かして、
ゲームアプリに没頭している人です。
それを一生続けていると救われません。
そこで感覚器官をふさいで外界の刺激から
脳を一時遮断して、脳に安息を与えてみる。
そうすると脳はまた活力を得て一生疲れません。
座禅を組めば、感覚器官をふさいで脳を休ませて、
心をリフレッシュすることができます。
睡眠も、脳を休ませる時間です。
老子は、感覚器官を通して人間の欲望は膨らみ、
それに振り回されると心は疲弊すると考えました。
現代はネットを通して情報は溢れ、市場はモノで溢れ、
感覚器官も脳もその処理に疲れ果てています。
たまには感覚器官を遮断して、生命本来が持つ
自律的なリズムに心身をゆだねてみる。
これが、老子の提案する長生きの秘訣です。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。