名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@858

2017/04/22

等閑に 香たく春の ゆふべかな
(蕪村)

今回は、蕪村の句をお届けします。
17文字の小宇宙ですが、春のアンニュイな
夕べをうまく言い表していると思いませんか。
4月に新たな生活が始まり、今頃は、それに
少し慣れてきて緊張もほぐれ、退屈と憂鬱が
混ざり合った気分に変わってきます。
そんな夕べに、香を焚いて目を閉じ、こころを
リラックスさせるのもよいかもしれません。
香は、煙の浮遊とかおりの浮遊を同時に楽しむ
ことができます。
気の流れに従って香の煙は漂い、最後に気に
溶け込んで消えていく。
一方、香のかおりは煙が消えても、気の流れに
乗り鼻孔から肺に沁み込んでくる。
句の頭に置いている「等閑」は「なおざり」
と読みます。
意味は、いい加減にすることで、深く考えず
なりゆきにまかせることです。
何か目的があって香を焚いたわけでなく、
そのときの気分で何気なく焚いていた。
「等閑」に、春の夕べに思うひとの心を
のせているのが面白いなあと感じました。
「等閑」は「等間」とも書き、等しい間隔で
時間が流れれば、退屈にもなってくる。
そんな時、ひとは何をするのか?
蕪村の句はそのヒントを与えてくれます。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。