名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@856

2017/04/08

人が生まれたときには、
実に口の中には斧が生じている。
愚者は悪口を言って、
その斧によって
自分を斬り割くのである。
(ブッダのことば、スッタニパータ)

今回は、「ブッダのことば」をお届けします。
ひとことでいうと、「口はわざわいのもと」。
でもブッダさんは、具体的にわざわいのもとは
口の中の斧と言っています。
それも生まれながら、斧が生えている。
その斧は、口を動かせば、多少なりとも
口の中を傷つける。
言葉を吐くことは、自分を傷つける原因になる。
すばやく口を動かせば、斧の刃は鋭く食い込む。
ゆっくり動かせば、刃はゆるやかに皮膚をなめる。
従って、落ち着いて穏やかにしゃべる方が、
傷の程度は浅くなる。
おまけに、口から出た言葉が悪口なら、
その言葉はめぐりめぐって、自分に跳ね返ってくる。
悪口は、他人に対しふりかざす斧と同じである。
自分の口におさめて自省しておけばいいものを、
外に出してふりかざすのは身の程を知らぬ行為である。
言葉にすることは、悪口でなくても自分を傷つける。
言った後に、言ってよかったかなといつも反省する。
従って、言葉を選んでゆっくりと言葉に出す。
その言葉が斧に変わったら、自分に跳ね返ると覚悟する。
社会生活をする以上、言葉を口から出さなくてはならず、
出せば、多少なりとも血は流れます。
というわけで、ブッダの「口に生える斧」のたとえは、
誰もが心に留めなくてはいけない教えとなります。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/04/08

    「我が身からいづるもの いづれ我が身に戻りくる」

    もしも世界が100人の村だったら」という話があります。この話の最後の締めくくりの部分に使われている言葉です。



    今日も良いお話し有難うございました。