名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@848

2017/02/11

虚則静。静則動。動則得矣。
(荘子、天道篇第十三)

虚なればすなわち静なり。
静なればすなわち動く。
動けばすなわち得。

今回は荘子の言葉をお届けします。
禅寺の掛け軸に書いてあるような文句です。
荘子でも老子でも言葉が詩のように流れていく。
それがすうっと頭に入っていく理由です。
「虚心にしていれば心は静かであり、
心静かなら何事にも自由に動ける。
自由に動ければ、万事目的に達する。」
虚心坦懐のすすめともいえます。
心にいろいろなことが出入りする。
そうすると心穏やかでなくなる。
心が揺れ動くと自由に動けなくなる。
動けないと失うものが多くなる。
手短に言えば、「二兎を追う者は一兎をも得ず」。
一匹の兎を狙えばよいものを欲をかいて
二匹の兎を狙う結果、無に帰する。
心を動かすものは自分の外にありますが、
それにつられて揺れ動くのは自分の内に
あります。
外の変化に敏感に反応するのが日常ですが、
そこから心を隔離して、反応を一歩遅らせ
冷静に動けば、得るものはあるようです。
慌てないこと(Keep cool)はすべての基本。
そう荘子は言っているようです。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。