名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@847

2017/02/04

故形人而我無形、則我專而敵分。
(孫子、虚実篇第六)

故に人を形せしめて我に形無ければ、
則ち我はあつまりて敵は分かる。

今回は孫子の言葉をお届けします。
「敵にはっきりした態勢をとらせ、
こちらでは態勢を隠して無形であれば、
こちらは集中し、敵は分散する。」
一言で言えば、兵力が分散した敵と
集中した兵力で戦えば勝機があるという。
人間関係で言えば、相手の考えていることを
明らかにし、こちらの考えは明らかにしないで
交渉に当たれば有利に事を運べる。
相手はこちらが何を考えているかわからないので、
いろいろな場面を想定し、対策に悩むことになる。
いろんな対策に気をとられると隙が出てくる。
一方、こちらは相手の考えが見えているから、
そこを集中的に衝いて攻撃できる。
スリや引ったくりは、獲物がどこにあるかはっきり
見えるときに襲ってくる。
体を触ってきたり、飲み物を衣服にかけたりして、
われわれの注意を分散させる。
狙われる側からすれば、財布の場所を特定できない
ように注意するだけで狙われる可能性は減る。
孫子は、戦いに勝つための王道を示す。
しかし、人間関係を築くには、まず相手の信頼を
得なければならない。
相手に自分の形をはっきりと示して、自分を理解して
もらって始めて相手の信頼を得る。
何を考えているかわからない人間は信頼を得られない。
しかし世間では、人間関係を維持しながら、ある意味の
戦いに勝たねばならない。
ある場面では形を明らかにし、ある場面では形を隠す。
器用な人間には上手くこなせるが、不器用な人間は疲れる。
孫子の言葉は無形の用を説くが、使いこなすのは容易でない。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。