名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@781

2015/10/31

いわずに おれなくなる 
ことばでしか いえないからだ

いわずに おれなくなる
ことばでは いいきれないからだ

いわずに おれなくなる
ひとりでは 生きられないからだ

いわずに おれなくなる
ひとりでしか 生きられないからだ
(まどみちお、「いのちのうた」)

まどみちお氏の文庫「いのちのうた」(ハルキ文庫)
に収められている詩をお届けします。
芭蕉の句「秋深き 隣は何を するひとぞ」
に呼応する詩だと思います。
ことばというのはどうして生み出されたのか
というと、まどさんの詩に行き着く。
孤独の人が晩秋の寂しさから隣人に語りかける
ことばがそのような句になるのかというと、
まどさんの詩に行き着く。
小説家がなぜ小説を書くかというと、
まどさんの詩に行き着く。
気持ちを何とか相手に伝えようとことばで表わす。
喜びや悲しみや寂しさはことばでは言い尽くせない。
でも他人に話すことで救われることもある。
しかし、他人がいない状況では自分の中の他人に
語りかける。
「今何をしているんですか? お隣さん」と
姿は見えないお隣さんに語りかける芭蕉。
ことばに発せず、心に中で隣人に問いかける。
ことばのありがたさを教えてくれた詩であった。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。