名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@780

2015/10/24

山暮れて 紅葉の朱を 奪いけり
(与謝蕪村)

紅葉の便りがあちこちから届き、
身近な公園の木々も葉を黄色に変えている。
自然は冬に備えて、身支度を粛々と整える。
山の景色が一番美しく見えるのは、
早朝と夕暮れである。
蕪村の句は、紅葉で覆われた山の美しさを
さらに超える夕日の美しさを物語る。
その美しさを、「朱を奪う」と表現する。
燃える夕日の光線を受けたもみじの葉は、
赤い光の中の赤いものなので、白く見える。
まるで、光にその朱を奪われたように見える。
蕪村の句は、科学的に自然美を表現する。
実は、紅葉が美しく見えるのは、葉の美しさ
というよりも色づいた葉に当たる光によっている。
試しに、もみじの葉を手にとって、色を見ても
燃えるような赤ではない。
また、紅葉の山に雲の影が落ちれば、鮮やかさが
消えるのがわかる。
このように対象の美しさは、その対象にどのように
光を当てるかで変わってくる。
強い光を当てすぎると見えないほうがよかった所まで
見えたり、弱い光だと美しさを見過ごすこともある。
先入観で見ることは、赤の光で赤いものを見るような
もので、本来の対象の美しさを見失う。
ひとやものの美しさは、見る人が当てる光で変わることを
蕪村の句は教えてくれた。
新たな気づきは、意識的に当てる光の向きや色や強さを
変えたりして、見え方の変化を探ることから始まるようだ。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。