名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@768

2015/08/01

夏河を越すうれしさよ手に草履
(蕪村)

猛暑の日が続きますが、何とか耐えしのいで、
居られますでしょうか。
涼風をお届けする蕪村の句を挙げました。
子供というのは水遊びが大好きです。
公園の噴水の周りに集まり、水遊びを始めますが、
気がついてみると、服をびしょぬれにしています。
蕪村も、ふるさとの丹後に帰る途中、夏河を渡った
幼少の自分を思い出しています。
履物を手に持って渡れる川なので、小さな川でしょう。
ふるさとに早く帰りたいという思いと、
熱くなった足の裏を冷たい水で早く癒したいという思いが
交じり合って、川を渡っているときにうれしさがこみ上げる。
そのうれしさが、草履を持つ手の動きになって表れる。
子供ですから、手は前後に振られ、足取りも軽く渡る姿が
目に浮かんできます。
はずむ心は歌を口ずさみます。
涼しさは、夏河のひんやりとした水の流れ、そこに足を浸す
子供の軽やかな足取り、そして川面に反射する光の記憶として、
この句に込められています。
川遊びは今も涼しさを運びますが、顔や手足を冷やす程度にし、
決して飛び込むような無茶をせず、楽しんでください。
水は生命に潤いを与えますが、侮ると溺れる危険を招きます。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。