名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@764

2015/07/04

牛がいなければ飼い葉おけは清潔だが、
豊作をもたらすのは牛の力。
(旧約聖書、箴言)

助け合って事を成すという聖書の言葉をお届けします。
飼い葉おけは、牛が食べる草を入れるおけのこと。
牛を育てるために、毎日新しい草を入れ替えなければ
いけません。
草を食べれば糞をしますから、おけだけでなく、
床の掃除も行わなければいけません。
生き物を育てるということは、食料を施し、
身の回りの世話をし、さらに心のケアも必要です。
赤ちゃんの養育も、老人の介護も同じです。
育てるのは負担が大きいから、赤ちゃんなんか
要らないとか、介護はおまかせすると現代人は考える。
しかし、育てることで、育てる対象から得る収穫は
大きいと聖書は教えます。
自分は育てられて大きくなったことを忘れて、
ひとは育てることに億劫になる。
余計なお荷物から離れて清潔快適な生活をしたいという
気持ちもわかりますが、育てた後に味わう充実感は、
人生のひとつの収穫といえます。
介護を、育てたひとへの恩返しと考えるなら、
恩返しする姿は、次世代に自分の未来を見せる機会になる。
育てられることで育ち、育てることで育てられる。
タオの思想では、これを原点回帰の原理という。
施した恩恵は、廻り廻って自分に帰ってくる。
食物連鎖は、食うことで生態系から恩恵を受け、
食われることで生態系への恩返しをする。
食われないものは、死んで朽ちて微生物のえさになる。
自然の流れのなかで、万物は皆互いに恩恵を施しあう。
人間だけがひとり占めできるはずもない。
聖書の言葉は、牛をたとえにタオの原理を述べたようだ。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。