名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@761

2015/06/13

不忘其所始、不求其所終。
受而喜之、忘而復之。
(荘子、大宗師篇第六)

その始まる所を忘れず、
その終わる所を求めず。
受けてこれを喜び、
忘れてこれをかえす。

荘子の一説から拾いました。
「生を受けたことを忘れず、これを喜び、
死ぬときは、あれこれ詮索せずすべて忘れて、
生を大自然に返上する。」
自分の墓には、こんな言葉を刻みたいものです。
訪れた人が口ずさんで、今この生を味わえる言葉。
何で自分がこの世に生まれたのか?
自分の生誕には、親同士のめぐり合い、
偶然に授かった命、命を育むドラマがあったことを
決して忘れず、今まで生きてこられたことを喜び、
死を迎えるときは、一切を忘れて命を自然にお返しする。
「なぜ今死ななくてはいけないのか」
「もう少し生きたかった」
と求めずに、すでに営まれた生の充実に感謝する。
自分の生についてじっくり考えさせる言葉です。
アウレリウスが「自省録」で、
「何物も無から生ぜず、同様に何物も無に帰らない」
と語るように、自分の生も、大自然のめぐり合わせの中で
生まれ、めぐり合わせにより土に帰っていく。
子供のときにこの死生観を学べば、何が起きても動じない
強靭な精神力が養えるのではないかと思います。
中国の古代の宝を、今の日本で花咲かせましょう。
社会の秩序を重んじる儒教に先立つ、宇宙の原則をまず
身に着けるべきというのがタオの哲学です。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。