名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@749

2015/03/21

本当に深刻なことは、
陽気に伝えるべきなんだよ。
重いものを背負いながら、
タップを踏むように。
(伊坂幸太郎、「重力ピエロ」)

書名の面白さに惹かれて読み始めました。
「重力ピエロ」
重力とピエロの関係がわからないまま、
上の「春」の言葉に出会いました。
サーカスや大道芸に登場するピエロ。
笑っているのか泣いているのかわからないメーク。
危険な曲芸に挑戦していても、
危険を感じさせないおどけた仕草。
深刻な場面に陰気な顔をすると、重力に引かれて
心が落ち込んでいく。
圧倒的な重荷を背負っていても、それを感じさせない
顔や振る舞いをすると、心が上向きになり、
周りのひとも気が安らぐ。
重力を感じさせないピエロは、陽気に深刻と取り組む。
苦しいことなんて、あえて言わなくてもわかる。
その苦しさを跳ね返す陽気な顔に周りは救われる。
でも無理にピエロになれとはいわない。
深刻と取り組む自分を眺める自分が心を少し楽にする。
冷静な眼で見ると、深刻と考えていた問題がそれほど
深刻ではなく、更なる深刻をはらむことに気がつく。
陰気でいては後が続かない。
陽気さで取組まないと先に進めない。
「重力ピエロ」の力強さに気づかされた。
無為という陽気さで、欲望という重力から心を
解放する老荘思想も、「重力ピエロ」といえるかも。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。