名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@471

2009/11/21

All those islands!
Broken into thousands of pieces,
The summer sea.
(Makoto Ueda, “Matsuo Basho”)

今回は、リービ英雄氏の小説「千々にくだけて」
から、芭蕉の松島を詠んだ句
「島々や 千々にくだけて 夏の海」
の英訳をお届けします。
小説では、9.11事件で、ジャンボ機が高層ビルに
突入して砕け散る光景に重ねている。
砕け散ったのは、そこで命を失った人々と
その関係者の魂である。
この句を取り上げた理由は、
ほぼ10日前に南半球の漆黒の闇で見た、
天空の星たちを思い出したからである。
場所は、ニュージーランドのLake Takapoである。
「全天に 千々にくだけて 星の雨」
南十字星もさることながら、夜空にこれほどの
星があったのかと思うほど、一面に光の粒が
砕け散っている様に驚嘆しました。
町の光が星の観察を妨げないように
街灯が下を向くようにしている。
マゼランは、航海の時に大マゼラン星雲を
目印にしたそうである。
星は、昔の人の思いに近づくことのできる
大自然の宝物である。
そんなことに気付かせてくれた旅だった。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。