名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@465

2009/10/10

善游者溺
善騎者墜
(淮南子、原道篇)

善く游(およ)ぐ者は溺れ
善く騎(の)る者は墜(お)つ

泳ぎの上手いひとはよく溺れる、
乗馬の上手いひとは
よく落馬して死ぬ。

「禅林句集」に出ていた言葉ですが、
原典は、淮南子(えなんじ)です。
ひとは、自分の得意とする所で失敗する。
自分が得意であると自覚し、自分の技で難関を
乗り切れると思ってしまうところに落とし穴がある。
ことにあたるときは、初心を忘れないことです。
日本なら、「弘法も筆の誤り」といえましょうか。
弘法さんの場合は、本人が書の達人と自覚するか
否かに関わらず、周囲の凡人が達人の失敗を見て、
凡人なら失敗は当たり前で、まずやってみようという
淮南子の言葉は、本人は得意であると自覚しており、
その思い上がりが災いを招くと戒めている。
一言で言えば、常に緊張感を持てということで、
「弘法も筆の誤り」とは意味が反対のようです。
2009年度ノーベル平和賞は、何だか後味が悪かった。
泳ぎが上手い大統領のように見えるが、核廃絶という
難事業で溺れてしまうかもしれない。
結果が出る前に、「緊張感を持て」と先行投資する
感が強い。皆様はどのように思いましたか?

記:有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。