名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@463

2009/09/26

海月澄無影
遊魚独自迷
(臨済)

海月澄んで影なく
遊魚独り自ずから迷う

禅林句集(岩波文庫)に載っていたもので、
自迷の面白さに惹かれ取り上げました。
海月は海上の月であり、
一点の曇りもなく澄んでいる。
月に照らされる海面を泳ぐ魚は、
光に導かれ、迷いようがないはずである。
でも、ひとりでに迷いの道に入ってしまう。
魚は、人間みたいに光を頼りに進むわけでは
ないので、どうもこの句では、
遊魚はひとの心を意味するようです。
遊魚を照らして看護る月。
月に看護られながら、思い惑う遊魚。
月を仏性にたとえれば、いつも仏性の光は
身近に届いているが、それに気付かないで
ひとの心は迷いの回遊を続けている。
そんなことを言い表しているようです。
海の中の海月はくらげです。
透き通ったからだを持ち、流れに身をまかせ漂う。
自然の流れに身をまかせているので、
どこに行こうか迷いません。
仏性を体現するとは、くらげになることなんですね。
海月と遊魚の対比は、現世を表す一幅の絵で、
深い意味を含むようです。

記:有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。