名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@450

2009/06/27

可哀相にという無意味な一語は、
もう愛でも憎悪でも嫉妬でも
むすびつきようのなくなってしまった
他人に捧げる手向けの花
のようなものなのだろうか。
(松浦寿輝、あやめ 鰈 ひかがみ)

松浦さんの小説にはまり、上記作品の
「あやめ」からの抜粋をお届けします。
自民党内から「もう総理を辞めろ」
と言われるまで権威を失墜する麻生さん
を見て、「可哀相に」というしかない。
可哀相は、信任する総理への同情からではない。
情けないというか、あわれの気持ちからである。
昨日急死したマイケル・ジャクソンも「可哀相」である。
世界一有名で世界一孤独な人生の結末だった。
「可哀相」は、その人間に対し言葉を失ったときに、
最後に心の深みから湧く言葉と松浦さんはいう。
馬鹿々々しいけどそれしかない。
冥界に旅立つひとへの手向けの言葉ともいえる。
ひとの頂点に立つと、重圧を周囲から受ける。
重圧に押しつぶされそうな時に冥界が見えてくる。
あやめは、冥界の入り口に咲く花である。
「もうこの世には戻らない」とあやめに告げたとき、
「可哀相に」という囁きが返ってくる。
マイケルは、あやめに何を語りかけたのであろうか?
何を語りかけても、この言葉が返ってくるだけである。

記:有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。