名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@444

2009/05/16

曲則全。枉則直。
(老子、第二十二章)

曲なればすなわち全く、
枉なればすなわち直し。

曲がっていることが完全であり、
曲げたものはまっすぐになる。
荘子の山木篇にも出てくるが、
曲がった木は材木にできず、
いつまでも伐採されずに天寿をまっとうできる。
芋虫は身を曲げるから前に進むことができる。
近道狙う人生よりも、紆余曲折の人生の方が、
振り返ってみて面白い。
手間をかけずに効率よく目標を達成するには、
最短距離をとるのは当たり前である。
今の世の中、コンピュータで効率化を進めた結果、
仕事が奪われ、却って暮らしにくくなってしまった。
国はあい変わらず、道路を沢山作り、車を沢山走らせ、
多額の借金と引き換えに景気をよくしようとする。
官僚が愚かなのか、政治家が無能なのか、
長期的展望なしの政策が続き、国民の不安は募る。
年金制度の破綻、少子化と自給農業に対する無策。
効率と成長を優先した直線的な政策の結果である。
直則不全とでも言えようか。
回り道のように見えても、暮らしを一番大切にする
民主党の政策に期待したい。
果たして、その代表は本日誰に決まるのでしょうか。

記:有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。