雑学

勝ち神からの手紙

日本人として大切な文化・しきたり・習慣など、本来の意味を伝えます。日本が誇る伝統は日本人が最も大切にしなければなりません。

全て表示する >

暦の読み始め

2018/10/11

大安吉日に送る勝ち神からの手紙
  ====================================
  暦の読み始め
                   NO.575    2018年 10月 11日
  ====================================
 皆さんこんにちは。
この季節の雨は時雨です。
降っては止んだり、また降ったり・・・通り雨のような雨が時雨です。
この時雨を好んだのは、松尾芭蕉です。
明日の12日は芭蕉忌で、50歳で亡くなった芭蕉の忌日です(ただし陰暦ですが)。
辞世の句は、
「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」です。
病床にてつくられた最期の句です。
いつまでも夢を追っていた芭蕉の心根が伝わってきます。

来年の暦が出来上がって来ました。
毎年ある勉強会にて10月に配られるのです。
この暦が届く頃から、新しい年の夢が膨らんで来ます。
毎年恒例になっている行事を今年は何日にしようか・・・
このあたりに予定が入りそうだ・・・
とか、いろいろ考えながらイメージを膨らませると、一年の設計図のようなものが出来上がります。
意外と余裕がないな・・・と独り言を言いながら、
来年絶対やりたいことが浮かんでくるのです。
来年は亥年です。当然、12年に一度の亥年です。
50代後半に入り、今やれることを後悔なくやっておきたい、と考えていると
暦を眺めながら、予定を決めていかなければなりません。

季節はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
桜も、蛍も、紅葉も、迎えるようにして待たないと、さっと過ぎてしまいます。
季節の風を感じたい、季節の声を聞きたい・・・めぐる季節の中で身を置いてみたい。
毎年、絶妙なタイミングで間を合わせようとしているのですが、なかなかうまく会いません。
今年こそは、と思って暦を読んでいます。

来年は己亥の年回りです。
「陰極まって、陽を迎える備えの年」とあります。
平成から新たな年号へと変わる歴史的な行事の年になるのです。
その節目の年は一体どんな年になるのでしょう。
春、夏、秋、冬と季節は規則正しくめぐって来ます。その中で思いがけないことも起こるに違いありません。
暦を読みながら、どんどん新たな年が楽しみになって来ました。
そして、新しい年の歳神様を迎える心の準備ができて来ます。
よし!新たな年は、これを成し遂げよう・・・目標も出来上がって来ます。

そして、来年のことをあれこれと考え始めるこの季節になると、
来年の「兆し」にも気がついてくるようになります。
時代の流れのようなものや、風向きのようなものを感じる出来事も多くなって来ます。
毎年、暦を使って、感性を磨くこともできるのです。

暦は私の人生の一部であり、愛読書なのです。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-14  
最終発行日:  
発行周期:大安吉日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/14

    先生、いつもありがとうございます

    一点心配な点があります

    mamma.com の評価欄にジャンプするのに 約10秒かかるため、評価を辞めてしまうファンが多くいるので?と、考えます。一度、先生のスマホから試して下さい。私のスマホだけでしたら、ご容赦ください。フォーバル三宅