生活の知恵

見慣れた世界に “小窓” を開けて …

♪目にする景色がほんのり変わるメールマガジン。
4月29日最新号は 【 [155] 『題なし』が台なしに … 】

全て表示する >

[154] 雇われ人だって経営者

2018/03/27

▽▲ =================================================== ▲▽

          アクアタック研究室 /片岡 章
          mail magazine Essay - 154  2017/3/27

          【 雇われ人だって経営者 】

▲▽ =================================================== ▽▲


商店街に立つと、
左右何百メートルにもわたって店が並んでいます。
店にはそれぞれ経営者がいて、経営をしています。

そんな光景を眺めたある日、こう感じました。

    経営者がこんなにいる!


               ☆    ☆    ☆


◆ 経営者は特別な人だ

経営者なんて、経営学を勉強した一部の人がするもの、
そう思っていましたから、
商店街の光景はちょっと不思議でした。
こんな感想を持った方は、ほかにもおられるでしょうね。

ところが、いまになってみると、
そんな自分も、
独立して20年、食いつないできたことに気づきます。

自分の意志で独立したわけではなく、
会社の部門閉鎖によりやむなく、だったのですが、
よくよく考えてみると、
この間、経営者をやっていたことになるわけです。

そんなの当たり前だといわれそうですが、
経営には一生縁がないと思い込んでいましたから、
これは、ちょっと意外な発見でした。

そこから、こう考えるようにもなりました。

    経営者じゃない人なんて いない

どういうことでしょうか?


◆ 生きてるだけで経営者

20年生きた人は、
20年間食いつないできています。

30年生きた人は、
30年間食いつないできています。

ということは、どんな形であれ、
《自分》 を 《経営》 してきたことになります。

会社や店は持たなかったかもしれません。
でも、少なくとも、
お金や食べものを手に入れて、
《自分という組織》 の維持・運営はしてきたわけです。

ですから、みなさん経営者。結構エライんです!
20年生きたら、「創業20年」 なのです。


◆ 従業員も経営者

でも、ひとつ疑問が湧きます。

    経営っていうけど、お客さんは? 売りものは? 
    会社も店もないのなら
    いったい 誰がお客さんで なにを売っているの ?

実は、お客さんはいますし、売りものもあるのです。

まず、社員やアルバイトの方、
こう思っていませんか。

    社長は経営者だけど
    自分は雇われの身

しかし、そうではありません。
雇われている人も 《経営者》 なのです。
お客さんは、勤めている会社そのもの。
売っているのは、労働力やアイデア。

ここ、いわれてみればナルホドなんですが、
案外、見逃しポイントではないでしょうか。

会社というお客さんは、
従業員の提供するものが役に立つからお金を払うわけです。
役に立たなかったら、報酬は発生しません。
それは、
まずいラーメンにお金を出さないのとおなじです。

会社と従業員は、
《お客》 と 《経営者》 の関係なのです。

ところが、
「毎日出勤してるんだから給料を払え」 とか
「10年勤めたんだからベースアップしろ」 とかいうのを
当然の要求だと思っている人も、少なくなさそうです。

    自分は 《経営者》 として
    会社という 《お客》 に喜ばれるものを提供しているか?

そこはどうなのでしょうか。

労働組合も、
会社の不当な搾取を防ぐためには必要ですが、
こんな要求をするだけになったとしたら …

被害者がいつしか加害者に変貌していく ――
うろ覚えですが、そんな小説を読んだことがあります。


◆ 赤ちゃんだって経営者

さて、この調子でいくと、
愛人のお金で暮らしているヒモ男も経営者、
ということになります。

つまり、ヒモ男さんは、
愛人に自分の魅力を売って、食べさせてもらっているのです。

もっとも、このビジネス、お勧めはできません。
魅力がなくなったら、即、捨てられますからね。
リスク大きいです。

同様に、
赤ちゃんや犬や猫も経営者です。

赤ちゃんやペットをヒモ男と一緒にしたら怒られますが、
システムはおなじです。

赤ちゃんは、親というお客さんに、
可愛さ、将来の夢、お世継ぎとしての期待、という商品を売って、
食や住環境を得ているのです。

犬や猫も、飼主に可愛さや癒しを売って食べています。

「うらやましい〜」 ですか?
そう思うなら、真似してみてください。
できませんから。
赤ちゃんやペットさんは、
他の追随を許さないセールスポイントを持ち合わせているのです。
それに、
彼らならではの苦労にも、きっと耐えられないでしょう。


◆ 自分の売りは?

ヒモ男もペットも 《経営者》 です。
《お客さん》 の求めるなにかを提供しているからこそ、
食べていけます。

ですから、
会社が待遇をよくしてくれない、
周囲がなにもしてくれない、
なんていう前に、

    自分はなにを提供しているのか
    自分のセールスポイントはなにか

そこを 《ひとり会議》 するべきでしょうね。
なにも提供せずに見返りを要求したら詐欺ですから。

といって、難しいことではありません。
策を弄(ろう)する必要もありません。
《お客さん》 に対して誠実でさえあればいいと思います。
するべきことは、あとからついてきます。
誠実さこそ、安定したロングセラーなのです。


この春、新たに就職する人も、
長く勤めている人も、
ぜひ、ご自身の 《お客さん》 を大切にしてください。

とにかく、
いままで 《経営》 を続けてこられたのは事実。
倒産しなかったわけで、
どう低く評価しても、最低限の 《経営》 はできています。
あとは、
《自社》 のサービスを向上させ、
よりよい 《経営》 にステップアップするだけ。

だったら、できそうでしょ。


================================================================

========
お読みくださっている皆様、ありがとうございます。
当メルマガ、切り口は毎回変わりますが、底辺には一貫した流れがあります。
そのあたりを ほんのり♪ とでも感じ取っていただければありがたいです。

◎ 発行人 : アクアタック研究室/片岡 章  http://www.aquatack.com
◆ 登録・解約・コメント一覧 : http://www.melma.com/backnumber_179959/
◆ バックナンバー一覧 : http://www.aquatack.com/home/writings_list.html
================================================================

========

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-04-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。